占い

相性いい人ランキング2020

相性いい人ランキング2020

目次 2020年の牡牛座はどんな出会いがあって、人付き合いを円滑に進めることができるのでしょうか。 その答えとヒントを各種相性診断や占いの結果から探ってみます。 牡牛座女子にとって2020年が素敵な年になりますように。 恋愛するならこの星座の男性を見つけよう「かに座」「しし座」「おとめ座」ととても相性が良い年になります。 牡牛座の女性は平和主義な方が多く、思い切った行動を取れない傾向にありますが、それをリードしてくれるのが北極星を1等星に持つ3つの星座です。 特に「かに座」とは対比関係になるので、普段から良い相性を示している星座でもあります。 仕事のお付き合いで良い関係を築ける星座「双子座」の異性・同性ととても良い人間関係を築ける予兆が示されています。 12星座の中で、もっとも協調性に長けているのが牡牛座なので誰とでも円滑な関係を築けるのが魅力です。 そのうち「双子座」と仕事上のパートナーとなれば、お互いの長所をさらい引き出し合って素晴らしいコンビネーションを発揮できます。 2020年の恋愛運はここに注意が必要2020年の恋愛運はかなり上昇傾向にあります。 あなたが意識をしていなくても、周りの異性はあなたの魅力の虜になってしまうでしょう。

1月15日生まれ女性にとって愛とは何? 恋愛と結婚で知りたい愛のすべてを誕生日占いで徹底解説。一生を通した恋愛運勢から恋愛の傾向・アドバイス・ご縁はどこにある?恋愛運アップする方法・アプローチの仕方・恋愛で気を付けたい点や、恋愛によい相性の誕生日まで恋愛と結婚で知りたい愛のことがすべてわかります!

<占い方> あなたと、相性を占いたい人の誕生日(月日)を一桁ずつ足し、最後に2020年のナンバー「4」を足して、それを一桁にします。 さて、あなたとあの人との数字はでましたか? 2人の2020年の相性をチェックしましょう。 2人の相性ナンバー「1」……可能性を見出す相性 2人でいれば、何でもできる気になれそうな、勢いのある相性です。 現在の2人がどんな関係であろうと、「よし、やってみよう!」という情熱に、お互いが火を焚きつけていくのでしょう。 思い切ってやってしまおうという挑戦はステキですが、見切り発車になりがちなところも。 勢いでことを進めるにしても、しっかりとベースを整えるようにすることが2020年の2人のテーマに。 2人の相性ナンバー「2」……消極的な現状維持の相性 相手のことを優先しようという2人の相性です。 何を食べるか、どこに行くかなども、自分の意見をいうよりも、相手の要望に一任したい気持ちが強くなるのでしょう。 どちらかがはっきりと意見を述べることができれば問題ありませんが、お互いに遠慮し合った結果、どうでもいい扱いをされたと感じてしまったり、自分に気がないのではと思い&思わせることがあるのかも……。 2人の相性ナンバー「3」……元気をもらえる明るい相性 今この瞬間の楽しさに集中できる相性です。 どんな状況に、どんな間柄で存在していたとしても、2人が一緒にいるだけで楽しく過ごせるでしょう。 明るい気分になれるので、「会ってよかった」と思うことも多いはず。 お互いを元気にさせることができる2人は、お互いを理想の相手と信じて疑わない傾向も。 2人の相性ナンバー「4」……よくも悪くも安定した相性 「4」の年である2020年を、「4」の相性で向かえる2人は、現在の関係がどんな状況であろうと、現状維持のまま1年が過ぎていく気配が濃厚。 結婚しそうなラブラブ状態、片思いやケンカばかりの切ない状態、友達以上恋人未満といったあらゆる関係が、よくも悪くも変わりにくいでしょう。 こういうときの焦りは禁物! あらためられるところから改善し、しっかりした基盤を築きましょう。 2人の相性ナンバー「5」……刺激を求めて浮き沈む相性 変化を意味する「5」の相性の2人に、どんな変化が待ち受ける2020年になるのでしょうか? それは、まったくの謎。 浮き沈む運命のように、急降下する一方で急上昇するような激しい流れが訪れるでしょう。 最悪の関係から電撃的に結ばれても、ラブラブの幸せカップルから破局に向かってもおかしくはないのです。 刺激で動く相性なので、変化が必要なときは何らかの刺激を取り入れて。 2人の相性ナンバー「6」……おままごと!? の相性 「ママVSママ」になれそうな、母性愛を生む相性です。 あなたもママで、あの人もママですから、何かにつけて「もう、仕方がないなあ」と手をかけたり、過保護なまでの配慮をするでしょう。 片方だけがママ役になると、依存関係を招くことがありますが、お互いがママ役を担うことでバランスをとれるはず。 甘え、甘えさせるの関係をうまくいききすることで、関係が深まるかも!? 2人の相性ナンバー「7」……精神性を重視する相性 2人だけの時間の過ごし方を求めたくなる相性です。 交際したら、週に何回かは会うし、電話やメッセージは毎日が当然で、結婚したら一緒に住むのは当り前だよねといった考え方は、2020年の2人には通用しないでしょう。 お互いの時間を大切にするためにも、2人でいてもそれぞれのひとときを味わおうとするような、ニッチなつながりを求めるはず。 愛欲よりも精神性重視の相性です。 2人の相性ナンバー「8」……目標に向かう相性 2人の関係をどうしていきたいのかが、2020年のテーマになります。 交際したいのか、このまま交際を続けたいのか、結婚したいのかはもちろんですが、そのことを目標にしても意味はないでしょう。 それよりも、交際or結婚したら、2人でどんな関係を築き、何を実現したいのかが重要です。 恋のステータスではない、あなたとあの人との目標を見つめて、それをかなえていきましょう。 2人の相性ナンバー「9」……大志で結ばれる相性 自由な心を持ちながら、友達のような関係を築ける相性です。 男女関係という小さなくくりの中に自分たちを押し込めず、地球や人類のためになることをしたいという大きな志を1つにできるような、大きなスケールの2人なのでしょう。 すべてを超越して心を1つにすることができるかどうかが、恋の未来を左右します。 まずは信頼を築き、そこに結ばれた絆から恋を育てていきましょう。 1から9の順に訪れる相性のサイクルは、追い風になりやすいときと、逆風になってしまうときがあります。 どんなサイクルであろうと、いずれは過ぎていくものです。 1年の相性を念頭に置きつつ、あなたの恋をじっくりかなえていきましょう。 (LUA).

付き合うまでに時間がかかりそうですが、悪くはない相性です。本能よりも理性で恋をしやすいタイプ同士なのでお互いのことをよく知ってからの交際になりそう。