占い

しいたけ占い 双子座

しいたけ占い 双子座

さらに2020年の「学び」もまた刺激的です。
幼い頃の学びは
「ルールを学んで、ゲームをする」
という学びですが成熟してからの学びは「ゲームを創るためにゲームの外側の世界を知る」
ことが学びです。
たとえば現代に人気のゲームや小説アニメ作品などには古代の神話や伝説の言葉があふれかえっています。
「神話まみれ」のような作品になるのはゲームの作り手がそうした世界を愛し深く学んでいるからです。
2020年、双子座の世界の「学び」の扉はそうした「外界」に向かって設置されています。
これもまた
「クリエイティブな活動」のひとつです。

自分のいのちや、大切な宝を見知らぬ他者のために犠牲にするという物語は私たちの心を強く打ちます。
ウサギのケースでは老人は実は帝釈天でありウサギはそのまま月に上げられて信仰の対象となりました。
「鉢木」では実は老僧は時の権力者・北条時頼であり主人公は後に素晴らしい報償を手にすることになります。
帝釈天や北条時頼には自分のために大きな犠牲を払った彼らにちゃんと「おかえし」ができます。
ですがもし「世を忍ぶ仮の姿」ではなく彼らが本当に「見たまま」の存在だったなら
そんな「お返し」はできません。

2020年あなたはどこかでウサギのような存在に出会うかもしれません。
もとい、こんな悲しい形ではありませんが誰かの「心づくし」にふれ受け取るのが畏れ多いようなものを
差し出される場面があるのではないかと思うのです。
お金や、社会的立場や、高価なものやそのままにしておくと失われてしまうけれど保存していくことに意味のあるもの。
歴史あるもの役割や任務、名誉や勲章技術や知識誰かの手作りのものや誰かの人生の一部やずっと受け継がれてきたものや、その他あらゆる「価値あるもの」をなにかしら2020年のあなたは受け取ることになるのです。
それを「受け取らない」という選択はウサギと老人の物語のようにできないことだろうと思います。
あるいはあなた自身が
「ウサギを月に上げる」
ような力を持っていたならそれも選択肢の一つとなるかもしれません。
たとえば「もらったものを自分一人のためでなくみんなのために使う」
「一気に使ってしまわずそれを元にもっと大きなものを生み出せないかその方法を探る」
などのことがそれに当たります。

人から人へいのちや歴史をつないでいくような特別なコミュニケーションが2020年のあなたの世界では何度か起こるはずです。
「人の思い」を受け取ったときあなたの中には新しい誓いや願いが生まれます。
その誓いと願いが2021年以降のあなたの人生を力強く、導いていきます。

2020年は、双子座の人々にとって非常にクリエイティブな年でもあります。
「クリエイティブ」とはどういうイメージかというと今年に限っては例えば「特にそれをする必要もないけれど敢えてそれをやってみたとき人生や世界が変化する」
ような活動です。
たとえば芸術作品を創るとか歌をうたうとか遊ぶとか無償の好意で人をサポートするとか恋をするとか困っている人に優しくするとかそういったことです。
これらはやらなくても特に自分が生きていく分には困りません。
「生きていくために
どうしてもしないといけないこと」
では、ないのです。
でも、そういうことを通して人生は大きく変わっていきます。
出会いが生まれ夢が生まれ生活に光が射し込みます。
こうした「クリエイティブなこと」に向かってゆく時2020年は、未来への扉がどんどん開いていきます。

みなさん、こんにちは。しいたけ.です。

さらに、「縁」を司るとされるドラゴンヘッドというポイントも
あなたの星座に入ってきます。
このドラゴンヘッド双子座ではとりわけ「調子がいい」とされています。
何か素敵な「縁」を感じるような出来事が2020年5月以降盛りだくさんになっていくはずです。
更に言えば非常に官能的な年でもあります。
特に、過去2年ほど少し抑制的だったという自覚のある人は2020年は徐々にその抑制を
「解除」できる年となるはずです。

カップルは愛が盛り上がるでしょうしフリーの人はちょっと神秘的な出会いに恵まれそうです。
愛の悩みを生きてきた人はその悩みとしっかり向き合って新しい答えを出せるかもしれません。

もともと、旅や学びの好きな双子座の人々ですが
2020年は今まで目を向けたこともないような新しい世界に向かって扉を開いていくことになるのではないかと思います。
その扉のうちの一つは、前述の通り年末に突然現れるかもしれません。

上の期間の中でも5月から6月は非常に忙しい時期となりそうです。
仕事や対外的な活動の場でガンガン勝負して、多くを得られます。
また、この時期はいろいろな事を
「試す」こともできそうです。
温めてきたプランを
「試しにちょっとやってみようか」
ということが比較的容易に出来るときです。

3月は「密かに嬉しいこと」が起こりやすい時です。
また、懐かしい人との再会の気配もあります。

4月から8月頭にかけては素晴らしい愛と楽しみの季節となっています。
この間、キャラクターが変化したりファッションやヘアスタイルなど見た目ががらっと変わったりする人も少なくないでしょう。
あなたという存在にスポットライトが当たり多くの人に注目されそうです。
あなたの笑顔を必要としている人がいるということも、意識にのぼるでしょう。

7月末から年明けに跨がって「仲間」との関わりに熱がこもります。
情熱的なメンバーばかりがそろって一つのチームとして動くことになるのかもしれません。
あるいは、自分が身を置く「場」を外の世界に求める人もいるでしょう。
所属している組織から一時的に脱出して異業種交流を図れるようなタイミングでもあります。
さらに、そうした新しい交流の中で
追いかけるべき夢に出会う人もいそうです。

特にウサギの話ではもし、もてなされたのが帝釈天ではなかった場合どうなったでしょうか。
ウサギは焚き火に飛び込んで命を失っています。
自分のために死んでくれたウサギを憐れんでもそれを「食べない」という選択はウサギの気持ちを無駄にすることになります。
でも、こんな優しいウサギを何も思わずに「肉」として食べることが出来るでしょうか。
非常に難しい問題です。
帝釈天ではない一介の旅の老人であったならおそらく、涙を流し手を合わせながらウサギを食べたでしょう。
自分を思ってくれたウサギの気持ちを
自分のいのちの中に引き受けるような思いで老人はウサギを食べてウサギと同じようにこれからは優しい生き方をしよう、と痛いほど心に誓っただろうと思うのです。

8月は経済的にとても嬉しいことがありそうです。
収入が増えたりイイ買い物が出来たりするでしょう。
9月はコミュニケーションヶ大いに盛り上がります。
勉強にも力がこもる時期です。