占い

四柱推命では 様々なことが占えます

四柱推命では 様々なことが占えます

従って、SEISENで四柱推命によりお二人の性格をそれぞれ鑑定すれば、その組み合わせが良いか、悪いか、がわかります。悪い場合は、その対策や注意点もアドバイスいたします。

日本には江戸時代中期に移入された。
文政年間、仙台の儒学者桜田虎門が『推命書』という名称で『淵海子平』の訳本を出したのが、考証的に最古の書である。
しかし桜田虎門は四柱推命に対する専門知識がなかったとも言われており、翻訳の質の点では疑問も残るとする評価もある。

四柱推命学は、陰陽五行説・干支術が原理になっている中国で1500年前から行われてきた占術で、1500年間分の実績が積み上げられ、多くの人に信じられ活用されてきた、歴史の古い占いです。

四柱推命はメリットが多いですが、デメリットもあります。そのデメリットとは、まず第一に四柱推命に関する書籍が少ないので学ぶことが難しいと言うことです。逆を返せば、学ぶことが難しい=競合率が少ないと言うことなので、四柱推命を極めるチャンスでもあります。四柱推命のやり方が難しいと言われている分、素人が行うのも難しいですし、占い師の選び方が難しいのもデメリットの一つです。

四柱推命の最大のメリットとは、やはり細かいところまで視ることができると言うことです。そして「四柱推命」と言えば占いの中でも有名な占い方法なので、当たるイメージが高いことから、信頼度や安心感もあるのではないでしょうか?それからもう一つのメリットは、四柱推命の的中率の高さです。専門の知識を持ty占い師に四柱推命で鑑定してもらった方の、大半が「当たっている」と実感しています。

四柱推命学1500年の歴史と分析結果に加え、SEISENではこれまで10年にわたり数千件を超える命式のデータを蓄積・分析して、鑑定に生かし、お客様からのご信頼および「よく当たる」との驚きのご鳳声を頂戴しております。

日本では生年月日の占いが主流で生まれた時間を加えた占いとしては、四柱推命がもっとも有名です。

十二運は、日干の強さの変化を、地支の十二支から見るもの。
人の一生になぞらえて、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶、胎、養、の12種類がある。
なお、あくまで強弱(勢い)を比喩で表したものにすぎない。
日本のほとんどの四柱推命の専門家は十二運を採用しているが、一切採用しない向きもある。

東京生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業し、一部上場会社に入社。10年前までは占いというものを信じておらず、むしろ嫌いだった。しかしある出会いによって四柱推命の存在を知り、その信頼性の高さに驚く。四柱推命によって先天的な性格や運勢、そして今後の運勢の流れを知ることが人の幸せに大きな違いを生じさせることを確信。以来読み解き方を学び、2004年にSEISENを開設。

いつ頃どんな彼氏ができるのか、恋人と結婚できるのか、結婚の時期はいつなのか、子供は何人産むのかなど恋愛や結婚に関することも占えます。四柱推命では、様々なことが占えます。そして、「いつ頃何が起きるのか」未来を視て人生のサイクルを把握することができます。

四柱推命は生まれた年、月、日、時、の四つ干支を柱とし、その人の生まれ持った可能性を推し量る。
それぞれ年柱、月柱、日柱、時柱という。
出生時間が不明の場合、時柱を除外して判断する方法も見られるが、それは四柱推命と言わない。
四柱推命は年月日時の4つが揃うことが絶対条件であり、中国の原書にも三柱推命は全く見られない。