占い

ホロスコープではアセンダントを「昇る場所 上昇点」と表現されます

ホロスコープではアセンダントを「昇る場所 上昇点」と表現されます

ホロスコープではアセンダントを「昇る場所、上昇点」と表現されます。生まれた時に与えられ、他者ありきの自己が形成される前から原始的に持っている個性であり、それは大人になっても不随意的に継承されます。

アセンダントとは「外見や身体的特徴」「第一印象」「無意識の行動パターン」であり、 ミディアム・コエリ(人生の到達点)までホロスコープから知る事が可能です。

アセンダントとは、ホロスコープ(占星術における各個人を占うための天体の配置図)を用いて12星座と星の位置を利用して行う西洋占星術の一つです。

もし自分自身を知るためにホロスコープを利用するのであれば、自分とはアセンダントと1ハウスがまず「素材」になっていると認識することはとても大事です。

ホロスコープ上に描かれた星は少しずつ反時計回りに動いていき、1時間で15度ほど動いています。そのため、同じ年月日に生まれても出生時刻が違えば人によってホロスコープの鑑定が全く変わってくることになります。

アセンダントの調べ方を含め様々な占星術に使われるホロスコープですが、ホロスコープは地球から見た星の動きを描いた地図のようなものです。ホロスコープの中心には地球があり、ホロスコープを横に貫く線が地平線となっています。

1ハウス、4ハウス、7ハウス、10ハウスの始まり(つまりその前のハウスとの境界線=カスプ)の度数をそれぞれアセンダント(ASC または AC)、IC、DC、MCと表し、ホロスコープでは重要な意味を持ちます。

さて、ここまで説明してきたことを、僕のホロスコープと照合してみましょう。

ホロスコープから自分のアセンダントを導き出す調べ方を知ることで、自分の生まれ持った能力や見た目の特徴などの傾向を知ることが出来ます。

アセンダントとは、占星術で使われるホロスコープで鑑定することが出来る自分の星座の一つです。ホロスコープではアセンダントの他にディセンダント、エムシー、アイシーという自分の星を鑑定する調べ方が出来ますが、全ての星から自分の生き方に関するヒントを導き出すことが出来ます。

ホロスコープには、4つのアングル(ASC、DSC、MC、IC)があります。

アセンダントとは、ホロスコープ(占星術における各個人を占うための天体の配置図)を用いて12星座と星の位置を利用して行う西洋占星術の一つです。アセンダントとは「外見や身体的特徴」「第一印象」「無意識の行動パターン」であり、 ミディアム・コエリ(人生の到達点)までホロスコープから知る事が可能です。この記事では特徴としてのアセンダントについてピックアップしていきたいと思います。

アセンダント(ASC)は、ホロスコープの1室から始まるポイントです。

僕のことを知っている方で、ここまで説明して「まさに!」と思たら、ホロスコープを理解しています。