占い

六星占術には 6つの「運命星」というものが定められています

六星占術には 6つの「運命星」というものが定められています

六星占術における2020年水星人マイナスの金運は、下がっていくでしょう。2019年までは金運も高かったので、その時と同じ感覚でお金を使うと思いがけず出費がかさんでしまいます。とにかく必要なもの以外は使わないように心がけましょう。また、お金の流れも悪く収入が減ってしまうこともあるでしょう。自分ではなかなか節約が難しいので、最低限を手元に残して貯金に回しておいたほうがよさそうです。

気になる相手がいるなら、ぜひ六星占術での相性を確認してみましょう!

⇒六星占術で「水星人プラス(+、陽)」のあなたの性格や運勢を徹底解説!

今回は今でも根強い人気を誇る六星占術の中でも「水星人」に焦点を当てた記事になります。水星人の性格や他の星人との相性など様々な情報が盛りだくさんです。

六星占術には、6つの「運命星」というものが定められています。「土星」、「金星」、「火星」、「天王星」、「木星」、「水星」があり、生年月日によりその人の生まれ持った運命星が決まります。

では最後に六星占術における水星人マイナスの今年(2020年)の運勢についてお話しします。

六星占術では、生年月日から調べた運命星から運勢や相性を占います。

六星占術における2020年の水星人マイナスの恋愛運は、よくありません。出会いを求めていても、相性のいい相手が現れないと感じるでしょう。また相性の悪い人と出会うことも多く、付き合いを進めていくうちに騙されたり、傷つけられたりということが起こりそうです。現在パートナーがいる人は、相性がいいのに関係がぎくしゃくしたり、仕事など別のトラブルで恋愛関係にもすれ違いが起こるでしょう。相性の良しあしに関わらず、無理にコミュニケーションを増やそうとしてもあまりいい結果にならないので、運が悪いうちは仕方ないという思いで行動しましょう。

当たると人気の「六星占術」では、生年月日から運命星を調べて運勢を見ます。

細木数子さん直伝の六星占術で、今年の運勢を生かすアドバイスを語ります。

六星占術における水星人マイナスの結婚運については、注意が必要な年になりそうです。大殺界である「陰影」はあまり行動を起こすのにふさわしい年ではありません。結婚のような人生の中でも大きな出来事は避けたほうがいいですよ。相手との相性がよくても結婚話がトラブルのもとになったり、相手の家族ともめる可能性も高いです。ただ、結婚は一人の運勢ではなく、相手の運勢も関わってきます。結婚を考える相手の結婚運が良ければ悪いことばかりではないでしょう。運勢の相性も参考にしてみてくださいね。