占い

モバイルpasmo 定期 引き継ぎ

モバイルpasmo 定期 引き継ぎ

すでにPASMOカードでオートチャージサービスを利用している場合は、これに登録済みのクレジットカードをモバイルPASMOのオートチャージ決済用カードとして追加で登録することはできない。

鉄道定期券の発売事業者は、小田急電鉄、京王電鉄、京成電鉄、京浜急行電鉄、埼玉高速鉄道、相模鉄道、首都圏新都市鉄道、新京成電鉄、西武鉄道、千葉都市モノレール、東急電鉄、東京地下鉄、東京都交通局、東武鉄道、北総鉄道、ゆりかもめ、横浜高速鉄道、横浜市交通局、横浜シーサイドライン。

モバイルPASMOのメリット、その1つが場所を選ばずクレジットカードでのチャージができる点です。

しかし、モバイルPASMOならばスマホを操作して、いつでもどこからでもクレジットカードからPASMOにチャージができます。

既存のICカードをお持ちのお客さまは、クレジットカードでご購入することが出来ます。
新規にICカードと、IC全線定期券を同時にご購入するお客さまは、PASMO購入代金は、現金扱いのみとなります。

モバイルPASMOアプリケーションで購入可能な定期券の種別は以下の通りです。

鉄道定期券は、モバイルPASMO定期券を発売する鉄道事業者の単独の定期券のほか、連絡定期券も購入可能。連絡定期券の場合、乗車駅がモバイルPASMO定期券の発売事業者であれば、降車駅もしくは途中経過駅がモバイルPASMO定期券を発売していない事業者(Suica事業者を含む)でも購入できる。

モバイルPASMOでは、鉄道だけでなくバスの定期券もアプリ上で購入できる。定期券は、鉄道、バスそれぞれを1種類ずつを購入可能。通学定期券は購入者が18歳以上であることが条件となり、大学・専門学校相当以上向けのみとなる。

万が一、故障や紛失などでPASMOが使えなくなっても、モバイルPASMOならば窓口に行くことなく再発行手続きできます。

モバイルPASMO定期券が実現すれば、窓口や自動券売機の混雑を横目にPASMO定期券の購入ができますし、「なんちゃってモバイルPASMO」の引け目を感じることなく改札を通過できます。

モバイルPASMOでは、鉄道とバスの定期券を1枚ずつ購入できます。従来のカード型PASMOと同様に、定期券区間は乗り放題となり、区間外乗車はチャージ分から差し引かれます。

すでにモバイルPASMOでクレジットカードを登録まで済ませているなら、定期券の購入に手間はかかりません。鉄道定期券の場合、購入する鉄道会社を選び、経路を検索して、購入するという流れになります。

鉄道でしたら伊豆箱根鉄道(大雄山線)・関東鉄道・箱根登山鉄道、バスでは山梨交通などでは、現時点でモバイルPASMO定期券の発売予定がありませんので、注意しましょう。

普段はモバイルSuicaを利用しているユーザーでも、私鉄・地下鉄線で完結する定期券を利用したい場合や、バスを頻繁に利用しているのであれば、モバイルPASMOを利用するメリットは大きいはずだ。

しかし、2020年春からそんな涙ぐましい努力をしなくても、「モバイルPASMO」をダウンロードすればOKです。