占い

タロット占いをまだ経験したことがなければ ぜひ占ってみましょう

⇒タロット占いとは?

タロットカードをやりたい!という方のほとんどが「カードを並べたい」「リーディングをしてみたい」という思いで始めている場合が多いと思います。タロットカードを決められた手順通りにシャッフルしてカットし、順番に並べていきます。必ずカードが出ますので、出たらめくった順にリーディングをしていく、という流れでタロット占いを行っていきます。

どんな人でも参加できます。タロット占いの『 やり方 』について、みんなで楽しみながら覚える教室です。

タロットカードのシャッフルとカットが終わったら、予め決めておいたスプレッド(展開法)に従い、カードを展開していきます。
上から1枚1枚、カードを順に出しながら展開させていきます。
カードが、所定の展開法の配置になったら展開完了になります。
スプレッドに合わせて、カードのリーディング(解釈)をしていきましょう。
この流れがタロット占いの基本の流れになります。

質問の内容が明確ではない場合、カードもはっきりとした答えを出すことができません。また、自分の中ですでに答えが出ているのにそれを認めたくない場合などにも、タロット占いの効果は下がってしまいます。

タロット占いのやり方について学ぶ教室ですから、タロットカードの意味については詳しくやりません。

大切なのは、展開された最初の1枚のカードから最後の1枚のカードまで、全てのカードに意味が含まれている事です。
それらのカードが関連して、1つのタロット占いの結果を表していることを忘れないようにしてください。
最終結果だけが占いの結果ではないことを忘れないようにしましょう。
カードを展開させる際に上から数枚のカードや、途中の数枚のタロットカードは使わずに伏せておく事もあります。

質問者は相手を憎んですらいるようで、答えを誘導しようとしてしまっています。それに対してカードが冷静に答えているのです。この事実を質問者に突きつけても良いですが、タロット占いをする側も受ける側も適切な質問をするべきでした。

タロット占いではしばしば、逆位置のカードを見てため息をつく人がいます。これは逆位置が悪い意味であると捉えるためです。実際に悪い意味なのでしょうか。多くの解説本には正位置を「効果的な意味」逆位置を「効果的でない意味」として説明しています。ここから「悪い」「良い」という短絡的なイメージがついたのでしょう。

日本でもタロットカードと言えばウェイト版が主流ですので、初めてタロット占いにチャレンジする方はウェイト版を使用するようにしましょう。

自分が占者としてタロット占いを行う時に、もし質問者がいる場合は、質問を正しく作るところから導いてあげる必要があります。これは質問があやふやであったり、求めていた回答を導く質問ではない場合があるからです。質問者が本当に聞きたいことを聞いてくるとは限りません。悩みによるストレスで周りが見えなくなっていることも多くあります。であれば依頼者が物事を整理してあげましょう。

⇒タロット占いとは?

タロット占いをまだ経験したことがなければ、ぜひ占ってみましょう。占者側になりたい人も質問者になる経験は必ず役に立ちます。また占者にしても質問者にしても、タロットに対して「どうしたら○○できるのかその方法を教えて下さい」というように向き合ってみると結果が出やすいと言われています。お互いの心をひらき、受け入れるようにすると読みやすいようです。

タロット占いで占う相手(依頼者)が居る場合には、占われる相手(依頼者)から見て、「正位置・逆位置」を取るようにしてください。
自分から見た場合には、カードは「正位置・逆位置」が反対になるので気をつけましょう。
これは解釈する時にも当てはまります。
カードのシャッフルやカットの時にも、カードの天地の向きが入れ替わるので注意が必要です。
タロット占いの展開法も、上下左右が反対になるので注意してカードを展開していきましょう。
慣れるまでは、自分の向きに展開させて解釈していく手法でも問題はありません。

まずタロット占いの仕組みや簡単なカードの意味を知っておくと、理解が深まり占い結果が分かりやすくなりますよ。

私自身はイベントや個別の鑑定などで、無数に対人鑑定をしてきました。
趣味でやられる方でも、友人や家族を占うことがあると思います。
そこで注意しておきたいのは、「占いの結果に対して真摯に向き合う」ということです。
占いというと、「良いことだけ信じればいい」と言われることがありますが、タロット占いに対してそういう姿勢で挑みますと、カードがなかなか協力してくれません。
基本的にはどんな結果であろうと、自分やご縁のある方を幸せに導くために、カードが示してくれたヒントを真摯に受け止めるようにしましょう。
あとは、「相手の幸せのために占う」という姿勢が重要です。この気持ちを常に持っていれば、口調や態度も丁寧になり無駄に相手を怖がらせることもないですし、なにより、タロットカードたちの協力を得て、当たる占いをできるようになります。