占い

タロットカードを手にするならば正しい意味を理解しておきましょう

タロットカードを手にするならば正しい意味を理解しておきましょう

人の心を写し出すといわれる月は、タロットカードでも、その人の心の状態を写し出すカードといえます。

その中で一番多いのが、タロットカードを購入してみたけど、使い方が良く解らないとか、カードが思ったのと違ったなどです。

なお、ウェイト版タロットカードのRWSの画像を主体に解説しますが、参考までにマルセイユ版のユニバーサル・マルセイユの写真も、小さく表示しておきます。

ですから、初めてタロットカードを手にするなら、まずはこちらで大アルカナの意味を調べながら、22枚で占いをしてください。その方がタロット占いは、ハードルが下がって簡単に始められます。

タロットカードの中で、最もパワーがあるとされる世界のカードは、あらゆる意味で調和のとれた完成された状態を表します。

22枚それぞれに異なる意味があり、さらに正位置か逆位置かによっても解釈が変化します。タロットカードを手にするならば正しい意味を理解しておきましょう。

タロットカードの大アルカナの中で唯一、正位置でも逆位置でもネガティブな意味を持つカードが、この塔のカードです。

タロットカードを初めて手にすると、78枚もあるカードの多さに、少し尻込みしてしまうかもしれません。

大アルカナとは、タロットカードを構成するカード78枚のうち、22枚ある寓意画が描かれているカードです。

ここまでタロットカードの代名詞ともいえる、大アルカナ22枚のカードも意味を説明してきました。

なおこの記事では、こちらのセットになっている、イタリア製ウェイト版タロットカード(RWS)と解説書を参考に、記載していきます。