占い

スプレッドとはタロットカードの展開方法のこと

タロットカードをシャッフルして 22枚からたった1枚を引く

タロットカード占いとは、その名の通りタロットカードを使用して行う占いです。22枚の大アルカナと56枚の小アルカナの計78枚のカードをシャッフルし、出てきたカードで質問の答えを導き出す占いのことを指します。

よく、タロットカードを左手で引くって言われるんだけど、これは、左手が右脳に繋がっているから、自分の理性的な考えを介在させず直感で引くことができるからだよ。

スプレッドとはタロットカードの展開方法のこと。さまざまなスプレッドが存在しており、占いたい内容や占いのタロット占いの習熟度に応じて適したものを選びましょう。

タロットカードを裏向けてシャッフルし、「これからどうするべきか」とカードに聞きます。カードを7枚引き、1枚目を左端に置いてU字を書くように残り2~7枚のカードを置きましょう。4枚目が時計の6の位置になるよう調整してください。

タロットカードは通販や書店などでも、比較的簡単に手に入れることができます。 そのため、店頭やカタログ …

タロットカードにはさまざまなスプレッドがあり、占いをする際には把握しておくことおすすめします。

STEP5: カードの意味を読み解くよいよいよ、リーディングをしていくよ。「こういう結果がいいな」とか「こういう風に言われたら嫌だな」って感情が入ってしまうと、タロットカードからのメッセージを良い方向に活かせなくなっちゃうから注意してね。

タロットカードでは、現在・近い未来について占えます。具体的には、1ヵ月から6ヵ月先、長くても1年後までのことを占えると言われています。

タロットカードを裏向けてシャッフルし、心の中で「1日の流れについて」というようにカードに聞きましょう。カードを4枚引き、1枚目を縦向きに置いて、2枚目をその右側に、3枚目を左側、4枚目を1枚目のカードの下へ置きます。カードは1枚目が午前、2枚目は午後、3枚目が夜、4枚目は総合を表しています。

タロットカードを裏向けてシャッフルし、心の中で「○○について」とカードに聞きましょう。カードを5枚引き、1枚目を左、2枚目を右、3枚目を上、4枚目を下、5枚目は4枚のカードの真ん中に置きます。1枚目は現状、2枚目は問題(障害)、3枚目は傾向、4枚目は対応方法、5枚目は総合的な結果です。

先に説明した通り、タロットカードは大アルカナカードと小アルカナカードに分けられます。そして、一般的にタロットカード占いに使用されるカードは22枚の大アルカナカードです。

「②ト術(ぼくじゅつ)」で使うのは、タロットカードや、オラクルカード、サイコロ、ルーンストーン(石)や、コイン、易(えき)、筮竹(ぜいちく)、おみくじもそうだね。カメの甲羅で占ったりもするよ。

タロットカードをシャッフルして、22枚からたった1枚を引く。それだけの簡単な方法だよ!

こうして、自分と繋がっている相手の潜在意識を顕在化させるのがタロットカードというわけなんです。難しかったかな?

あとは、カードの絵柄の物語をいかに読むことができるかにかかってくるよ。タロットカードには、それぞれに本来持った意味があるけど、毎回決まった意味で読むとは限らないの。