占い

ここでは種類別のタロット占いのやり方について見ていきましょう

タロット占いは習うより慣れろ的な要素が強いですね

タロット初心者の多くが、まずは大アルカナ(愚者、魔術師、世界のカードなどを含む代表的な22枚)を利用した、タロット占いから始めます。

占いといえば恋愛や仕事、学業、金運などさまざまな種類のことを予知することができます。もちろん、タロット占いでもさまざまな種類のことを占うことができるうえ、最近ではネットなどで無料で占ってもらう方も多いです。ここでは種類別のタロット占いのやり方について見ていきましょう。

タロット占い初心者の方が、カードを家から持ち出して、イベントなどで占いをすることはさほどないと思いますが、プロの方はそんな用途にもお使いいただいています。

タロット占いは占いの中でも簡単な方で勉強量も少なく、修得期間も短く済みます。

このセットを使ってタロット占いをマスターし、心おきなく自分で占いを楽しむ方が確実に良いと思うのです。

タロット占いのやり方を勉強する前に、タロットカードの誕生の歴史について学んでおくと、なおさらタロット占いが楽しくなるものです。

また、多彩なスプレッド(カードの並べ方)でタロット占いを楽しみたい方にも、こちらの本は特におすすめです。

タロット占いの勉強を始めるにあたって、最低限必要とされるのは、タロットカードデッキと解説本です。

また、タロット占いをする際はテーブルにクロスを置くとカードに傷をつけなくて済みます。

10人もやれば感覚がめばえはじめます。タロット占いは習うより慣れろ的な要素が強いですね。

タロット占いの勉強方法について記載いたしましたが、意外と簡単で短期間に少ない勉強時間で修得できます。お金をかけないようにとのことであれば、書籍で十分に可能でしょう。

この記事を読み、タロット占いで道標のきっかけになるものを得られる方がいたら嬉しく思います。

ここまで見てきたように、タロット占いのやり方は占う種類などによってさまざまなものがあります。そのうえ、占い師によっても使われる方法はさまざまといっても良いでしょう。今度はスプレッドの特徴別にタロット占いのやり方をいろいろと見ていきます。この機会にさまざまなスプレッドを覚えてタロット占いにご活用ください。

会社員の方であれ、また自営業やフリーランスの方であれ、仕事を持っている方にとってはこの先の仕事や事業関係の展望は誰もが気になるところです。また、特に会社に勤めている方の場合は社内の人間関係が気になる方もいるでしょう。タロット占いで仕事関係のことを占う場合は、ツーカードスプレッドやスリーカードスプレッドのやり方が用いられることが多いです。ツーカードスプレッドの場合は取るべき対策を示す1枚として左側に、最終的な結果を示す1枚を右側に並べたうえでめくって結果を読み取っていきます。なお、ツーカードスプレッドの場合は今後の展望がどのようなものになるのかを知るうえで適したやり方といえるでしょう。一方、社内やクライアントなどとの人間関係で悩みなどがある場合に過去のことも含めて占う場合は、スリーカードスプレッドもおすすめです。

そして次第に占いに慣れてくると、やはり小アルカナ56枚も使ったタロット占いをやりたくなるのです。ですが、この小アルカナで占った際の解釈はさらに難しく、経験と根気強さが必要となってきます。