占い

しいたけ占い 2020

しいたけ占い 2020

僕は占いをやっている人間だからこそ「直感」という言葉をあまり多用したくないのですが、でも、2020年上半期の蟹座は自分の「直感」を信頼してみても大丈夫です。

2020年下半期あなたの運勢は?

別の角度から2019年の蟹座の流れを説明すると、キーワードとして「偶然」と「必然」と名付けられるものが出てきます。

もちろん、「直感」とは「ここで宝くじを買ったら当たりそう」とか、そういうギャンブル運とはまたちょっと別の話だからあんまり期待しないでもらって(笑)。自分が努力してやっていきたいことや、「この人と会っていくと、お互いの感性が刺激されて面白いことになっていきそうだな」など、そういう「面白くなっていきそうな展開」のときに起こる「直感」を信じてみてほしいのです。

そして、2019年も夏を過ぎると、偶然自分が受け取ってきたものが「あ、やっぱり私はこれをやるべき運命だったんだ」と、想いが確信に変わっていくような現象が起きてきます。「偶然」だと思ってやってきたことが、「必然」へと変わっていく。はじめは「ノリ」や「勢い」「思いつき」でやっていったものが、あなたにしかできない「かけがえのないモノ」へと成長していく。そういう「偶然から必然へ」という流れがあなたの身に強く起きてきたのです。

2020年上半期の獅子座は「青春の再来。とても強い縁で結ばれていく仲間」を表す緑色が出ています。この2020年の上半期に関して、獅子座は「青春ドラマや青春漫画のストーリーそのもの」のように、とにかく毎日が色濃く進んでいきます。

現代を生きるAV女優たちの姿を描いた「女のみち2012再演」トークイベント開催!

2020年上半期のあなたの出会い運はとても素晴らしいものがあります。いわゆる、スペシャリスト同士で会って、刺激を受けて、そこで「やっぱりこの人に好かれるということは、私がやってきたことは間違いじゃなかったんだ」「この人に追いつくように、私ももっと頑張っていきたいなぁ」とか、気が合う人と出会うことによって「自分が肯定されていく」ような感じを受けるのです。

話を戻すと、2017年から2019年までの山羊座は、「ただのスペシャリストだったらOK」というわけではなくて、本当に修業期間のように「一般常識や、応用できる技術を学び、ジェネラリストになるための訓練」をさせられてきたようなものなのです。「あなたこんなこともできないの?」とか、山羊座はこの3年間結構怒られてきたのです。ちょっとつらかったですよね。

だから、あなたは2020年を迎えるにあたって「息切れしている。ちょっと引きこもりたい」という気持ちを抱いています。

まず、これを読んでいる獅子座のみなさんにお聞きしたいのですが、大人になってからもう一度「修学旅行」なり「文化祭」をやりたいと思ったことはありませんか? 今学生の立場の人もぜひ聞いてください。学生時代には集団生活が苦手な人もいると思います。でも、そこから大人になっていって、なんとなく自分の役割が決まっていって、評価されるために頑張って、成果を出すために無理することもあって、その中で少しずつ「この人だったら社交辞令じゃなくて、ちょっとは自分の素の部分も出せるな」という人と出会ったりもする。少し嬉しいことと、明日からの頑張りのために気持ちと気合を入れ直す日々。

青春ドラマのストーリーとは何か。それを少し説明させてください。高校なり大学に入った主人公のあなたが、「まぁ、面倒くさいからクラブ活動とかそういうのはいいや。おとなしく過ごそう」と思って、新入生なり上級生でごった返すキャンパスの中を歩いていた。そうすると、「あれ、ちょっとこの人変だな」と思って注目したら、その人たちは「○○研究会」みたいなあんまり部員数が多くなさそうなサークルだった。そこの部長に「君! 人助けだと思ってうちのサークルに入ってくれないか?」と誘われる。そこから、自分でも予期していなかった濃厚な変人たちとの新生活が始まっていく。それが2020年上半期のあなたの大まかなストーリーなのです。

2019年という年は、多くの人にとって「自分のルールを見直す」という難題にチャレンジした1年になったと思います。幸せを築いていくって、時に辛いのです。いらないものを捨てなければいけないし、他人の期待には応えなければいけない。さらに、2019年は多くの人が「このままの形ではちょっと頑張れないかもな」と、弱気や燃え尽きすらも感じた。でも、この上半期の占いを書いていてひとつ確信したことがあったのです。みんなが、2019年でやってきた苦労は2020年の上半期でちゃんと生きていく。2020年を生きていくために、あなたは「影」のほうからちゃんとつくっていった。先に苦労のほうをしておいた。だから、この上半期占いを読むときはどうか、みかんや甘いもの、飲み物など好物をおともに「よくやってきましたね。私」と自分を褒めながらぜひ読んでみてください。

はじめに、2020年を迎える前に、あなたが2019年にやってきたことがかなり重要な動きになるのです。

大まかな流れとして、2020年の上半期におけるあなたは「自分ができること、完成させていきたい分野を絞っていく。再びスペシャリストとしての自分を見つめていく」ということをやっていきます。