占い

まず 四柱推命の占いをするには命式と言うものが必要になります

四柱推命占いの方法で 五行からわかることも多いです

四柱推命の鑑定は、12運の運気の強さや通変星の配置、蔵干に隠されている通変星などを調べて全体的に判断します。誰にでも、人生で最高に幸せで楽しい日が訪れます。それを幸運の女神がやってくると言いますね。四柱推命では、スピリチュアルな面に日ごろの努力を合わせて、仕事運や運気、性格、適職などを見つけていきます。五行の並びや通変星の配置は重要ですが、仕事では前向きな態度が大切で、悪い運気をも覆すパワーをもたらします。

結論から言うと私は四柱推命で適職は分からないと考えています。とある四柱推命の本には「日柱の干支(自分を表すところ)が土の人は不動産業に向いている」なんて書いてあります。その文章に続いて宅地建物取引士や不動産鑑定士などの職業名が具体的に記載してあります。でも個人事業主で働くのと大手企業に勤めるとでは天と地ほどの差があります。要は環境に大きく振り回されてしまうのです。

その歴史は古く、1100年代に書かれた書にはすでに四柱推命が登場していたと言います。なお四柱推命の四柱とは、生まれた年、月、日、時間を指すもので、四柱推命を占うにはまず自分が生まれた年、誕生日、生まれた時間を正確に知る必要があります。

しかし、四柱推命で占う適職は少し違います。向いている・好きな仕事だから、と言う理由に少し似ていますが、好きと言うよりは「その人がやるべき向いている仕事」と言えます。生まれ持った運命からひも解く、あなたにぴったりの適職を見つければ、それはきっとあなたにとって天職となるでしょう。

まず、四柱推命の占いをするには命式と言うものが必要になります。これは、あなたが生まれた年、月、日、時間から割り出すもので、専門的な用語が多く素人には難しいところも多いかと思います。しかし、占う際には必ず必要なので、まずは自分の命式を調べてみましょう。

是非こちらの四柱推命占いを参考にして、あなたの性質を生かしたぴったり合う適職を選んでみましょう!

先生の穏やかな人柄もあり楽しく四柱推命を学べました。有名人鑑定も当てっこみたいで楽しかったです。また四柱推命の講座を受けてみたいです。

それでは、四柱推命から占う適職とは、どのようなものなのでしょうか?仕事をする人にとって、その選び方は様々です。お給料がいいから、自分に向いているから、好きな仕事だから、などの理由が多いでしょう。

さて、ここからが本題。職業をはっきりとお伝えできればそれに越したことはありませんが、全ては働く環境で幸福にも不幸にもなるはずです。個人事業主なのか会社勤めか、BtoBかBtoCか等々こちらの方がより重要であり、四柱推命ではそのような環境をはっきり示すことができます。適正環境が分かれば今いる業界でそれに近い会社を見つけたり、スキルアップもしやすくなるでしょう。

四柱推命占いの方法で、五行からわかることも多いです。五行は、東洋占いで使われる大切なポイントになっています。占いの方法で、五行を使ってみる方法は、よく知られています。陰陽五行は、東洋的な占いの基本です。占いの方法で、古代学問の勉強の知識を使っているのが四柱推命の五行や命式などです。現在に占いの方法は、数えきれないくらいありそうですが、四柱推命も知る人ぞ知る、人気のある占いの方法です。

四柱推命の力を利用して、あなたにぴったりの適職を診断します。今の仕事は自分に合っているの?転職するにはどうすればいいの?そんなお悩みを解決する為、あなたの仕事運をばっちりチェック!
これからどんな仕事に就いたらいいか不安な方も、こちらの占いを参考にしてみてください。もちろん完全無料です!

四柱推命で自分の適職は何か、知るためのポイントがあります。それは、天干性(通変星)、天干従下と正官の五行です。適職を診断するために、必要な事柄ですね。天干性(通変星)は、月上の天干星を中心にして判断します。要するに月上を中心に考えて、天干性の並びをみて総合的に判断します。

四柱推命の占いの結果とチャンスがあれば、必ずつかむという意気込で、仕事運や運気は上がる物です。四柱推命では、五行や干支、通変星の星などで運勢の強さや弱さを見れますが、四柱推命占いの結果を良く変えるのは、スピリチュアルではなくあなた次第です。四柱推命は、適職や仕事運を五行や通変星から読み取るだけで、運勢が決まっているわけではありません。四柱推命占いの結果が悪ければ、実力と努力で変えれるのです。