占い

3枚のタロットカードを使って運勢を占う方法です

3枚のタロットカードを使って運勢を占う方法です

タロットカードの占いを行うときには、占いたいことをはっきり決めることも重要です。曖昧な問いかけでは、カードもはっきりとした答えを出すことができません。具体的な内容を決めたほうが、カードも答えてくれやすくなります。

タロット占いをする際の唯一の注意点は、タロットカードを使って占いをする時に、シャッフル方法を変えてはいけないという事です。

タロットカード占いとは、その名の通りタロットカードを使用して行う占いです。22枚の大アルカナと56枚の小アルカナの計78枚のカードをシャッフルし、出てきたカードで質問の答えを導き出す占いのことを指します。

タロットカードの絵柄は本職の画家が描いた物で、マルセイユ版に比べて背景・人物共により細かな描写に変わっています。

タロットカードで占うには、偶発性を引き出すためにその都度カードを混ぜねばなりません。

タロットカードによる占いが得意とするのは、一週間からせいぜい一か月といった近い未来。未来は変わるものなので、まず占いを行うときには近い未来から始めましょう。

言葉よりも、視覚からインスピレーションを感じやすい人はタロットカードの絵から解釈を試みるのがオススメです。

タロットカードの読み取り方やインスピレーションは人によって異なる為、同じカードが出ても解釈の仕方は様々ですが、ツーカードオラクルで占えば今自分を悩ませている問題についての結果と対策を同時に知る事が可能です。

タロットカード占いとは、卜術に所属するタロットを使った占いの事です。

あなたは「タロット占い」をやったことがありますか?
もしくは、タロット占いに興味があったりしませんか?
 
タロット占いは、最近段々と人気が高まってきている占いであり、占い業界全体の需要が増してきていることもあり、人によっては手相占いよりもタロット占いのほうが好きという人もいます。
 
タロット占いは基本的に、タロットカードを使用して行う占いであり、手相のように手を見ればわかるというものではなく、タロットカードの使い方やルールを最低限理解しておく必要があります。
 
多くの人はタロット占いに興味を持ったとしても、タロットカードのルールややり方といったものがわからずに、すぐに挫折してしまう人がとても多いです。
 
それは、タロットカードは全部で78枚存在しており、それぞれのカードにはそれぞれ特有の意味が込められているので、中々その意味を読み取ることができない人が多くなっています。
 
特に初心者の人は、78枚のカードを全部覚えることはまず無理でしょう。
 
ここでは、そんな挫折しやすいタロット占いのやり方を簡単に誰でもできるようにまとめていきます。
タロット占いに興味がある人や、タロット占いをやってみようかと思っている人はぜひチェックしてみてくださいね。

ですので、タロットカードを手にした初めの頃は悩んでも良いですが、この方法だ!と決めたらそのやり方を貫きましょうね。

3枚のタロットカードを使って運勢を占う方法です。

なお、引いたカードは下からめくるのではなく、横から表に返しましょう。先程説明した通り、タロットカードは正位置と逆位置では意味や解釈が異なるので、下からめくると元の位置が反転してしまいます。特に山札の上から1枚引く場合、上下反転してめくる方が多いので、カードを1枚引いたら表を伏せたまま一度テーブルに置き、あらためて横からめくるようにしましょう。

ただ、小アルカナを入れた78枚のタロットカードを混ぜるには、広いスペースとある程度の時間が必要です。

なお、当サイトで紹介しているタロットカードはウェイト版をベースにしています。