占い

電話占い師は電話がなり 占いをしなければ収益は発生しません

その電話占いサイトの評判が悪くなり集客に影響します

専用占い師だと1日の多くを電話占いの待機に使い、空いた時間で占いの勉強をする、趣味に当てるなどある程度は想像できますよね。

もしも支払いが滞ってしまった場合、悪質な業者によっては闇金の借金取りのような取り立てをしてくるところもあります。 借金に悩まされ電話占いで糸口を見つけようとした結果さらなる借金に見舞われるといった悲惨な状況に置かれてしまった人も見てきました。

人気のある電話占いサイトには、「運営歴が長い(5~10年以上がおすすめ)」「所属占い師が多い(100名~200名が目安)」「無料キャンペーンが充実している」といった特徴があります。

これらを記入し、在籍を希望する電話占いサイトに送信するだけです。およそ数日以内に当該サイトから連絡が来ます。その際に、電話に出られる時間帯に限りがあるようであれば自己PRの欄に連絡可能な時間帯として『●時~●時まで連絡可能です。』と書くようにしましょう。

電話占い師として駆け出しの頃はなかなかお客が増えないため、頑張っても年収100万~200万円を達成するのがやっとかもしれません。

他にも詳細までは辿り着けませんでしたが、何人かの行方を突き止めました。 すでに占い業界を引退している人、対面鑑定は行っているが電話占いは辞めた人、気が向いたときだけ電話での鑑定を行っている人などがいました。
確かに数で言えば非常に少ないですが、それでも
確実にホンモノの当たる占い師が現在でも電話占い師として活動しているようです。

第五位には電話占いカリスを挙げさせて頂きます。ここもキチンと能力をもった電話占い師をオーディションによって選定されます。

電話占いの仕事をサボったり手を抜いたりするほど、給料はどんどん下がってしまいますので、安定した収入を得るにはプロとしての覚悟と自己管理能力が重要です。

実は電話占い師のもとには摩訶不思議な体験談が多く寄せられます。
誰かに呪われている。誰かを呪ってほしいなどという相談も意外と多いもの。
何か声が聞こえるとか、なんか手足がしびれるとか……。何度も殺されるような悪夢を見るというような相談が来ると、やっぱり気分は良くないですよね。
怖い話が苦手な人は、尚更「聞きたくない」と耳を塞ぎたくなってしまうことも……。

電話占いにしても同じことが言えます。
元々本当に当たる本物の占い師が電話で鑑定をしていたからこそ、現在でも大きな市場を獲得できているのです。

宣伝・集客は電話占いサイトにすべて任せていれば良いので、占い師は鑑定に専念できるというメリットもあります。

「期待していたほど稼げない」とがっかりするかもしれませんが、トップクラスの人気がある電話占い師の中には、年収500~600万円以上を稼いでいる人が一定数いるのも事実です。

何故なら、そうした電話占いサイトに在籍しても旨みがないからです。あなたが実力のある占い師でその他の占い師が低レベルだったらどうでしょう。その電話占いサイトの評判が悪くなり集客に影響します。その結果、あなたにも鑑定依頼が来なくなってしまいます。

前述したように、電話占いサイトが占い師に支払う給料は「完全歩合給」になっていますが、報酬の決定方法の細かな部分はサイトごとに異なります。

電話占い師は電話がなり、占いをしなければ収益は発生しません。