占い

電話占いサイトには数多くの占い師が存在しています

饒舌すぎる占い師は高圧的な印象を与え 相手を不安にさせがちです

なかでも重視されるのが「挨拶」です。実際にお客様を相手にしたときにも、挨拶は第一印象を決める重要なポイントになります。さらに、この電話では応募動機や価値観が会社にマッチしているかどうかもチェックされます。あらかじめ占い師募集ページ、所属先の電話占い会社を確認して、どんな人材が求められているかを調べておくとミスマッチを防げます。

占いの知識とこれからも学んでいこうとする意欲、相手を救ってあげたいと思う気持ち、そして豊かな人生経験があれば、資格がなくても占い師になることは可能です。

実技テストの前に、電話面接のようなものがあり、応募動機を尋ねられたり、応募フォームで送ったプロフィールの確認をしたり、今後の流れの確認があります。実は、この段階から実技テストは始まっています。実際に顔を合わせない分、声や言葉遣いや話し方で、電話占い師としてもビジネスパートナーとしても人間性を判断されているのです。

というように、普通の社会人から占い師になった、あるいは最初は素人占い師として友人に頼まれて占いをしていたのが本職になった、といったような経歴の人が意外と多いのです。

レディスピ、ウラスピといった電話占い口コミ掲示板や、5ch(昔の2ちゃんねる)の電話占い専用ページには、実際に電話占いを利用した人が、鑑定を受けた時の感想や占い師の評判を投稿していますので、悪質な行為をした占い師の名前は口コミですぐに広がってしまいます。

ある女性が電話占いを予約したときの体験です。彼女は、「恋人が浮気しているかもしれない」という深刻な話を占い師にしようとしていました。ところが、占い師は彼女の話に上の空なまま、口調もなんだか棒読みのようでした。実は、担当の占い師はキャリアが浅くて、まだ緊張が抜けきれていなかったのです。占い師なら冷静にアドバイスをくれるはずと信じて電話をした彼女は、裏切られたような気持ちになりました。
占い師にとって、「緊張」や「焦り」が相談者に伝わる事態は致命的です。相談者は占い師の人間性も含めて信頼を寄せ、話に耳を傾けてくれるのです。未経験者が占い師オーディションを受けるときは、「まだ慣れていないから仕方ない」と思わず、プレッシャーが表情や声に出ないように努力しましょう。特に、声だけでやりとりをする電話占い師は、「インテリア」「BGM」「衣装」といった演出がないため、緊張が相談者に伝わりやすい特徴があります。一般論として、人は緊張すれば話のテンポが速くなったり、声が高くなったりします。実技の際には、ゆっくりしたテンポでお腹から声を出すように意識すると、冷静なトーンを保ちやすくなるでしょう。

SATORI電話占いで殿堂入りしている占い師の一人が橘冬花先生です。時にはユーモアを交えながら和やかな雰囲気の中で占いが進んでいきます。結果の伝え方もソフトなので、話しやすいでしょう。

24時間占い可能な電話占いサイトも多く、すぐに占ってくれる占い師を探すことができます。時間を問わずにすぐに相談できる点は大きなメリットでしょう。

占い師は才能だけで採用される仕事ではありません。その能力を相談者に伝えるテクニックがそなわっていてはじめて、仕事として認められます。そして、占い師が「相談者と話すに相応しいか」を見極めるための機会がオーディションです。後悔のないよう、オーディションには対策を練ったうえで参加しましょう。占い師オーディションでは「話し方」「コンセプトの一致」など、見られているポイントは事前に予想ができます。たとえば、電話占い師のオーディションでは「落ち着いた声でテンポよく話せるか」が重要です。自分の資質に合ったオーディションを見つけられると、より占い師への道は近くなります。

どの占い師がいいのか悩んだ時には、まずは相談件数や口コミをチェックしてみましょう。

主な占術はチャネリングやヒーリングです。驚異の的中率を持っている占い師による占いで前向きな気持ちを取り戻しましょう。

レベルの高い占い師に鑑定してもらうためにも、電話占いサイト選びは慎重に行うべきです。

占い師のオーディションで、担当者が気にしているポイントはまず「話し方」です。占い師の中には、「饒舌でスラスラと話せるのがいい」と思い込んでしまっている人もいます。もちろん、そうしたスタイルで人気の占い師もいますが、多くの担当者は「饒舌さ」よりも「落ち着き」を重要視してオーディションを見ています。特に、ピュアリのような電話占いサービスでは、落ち着いた話し方の占い師が好まれる傾向があるでしょう。なぜなら、占い師は相談者に「安心と信頼を抱かれなければいけない」仕事だからです。饒舌すぎる占い師は高圧的な印象を与え、相手を不安にさせがちです。ゆっくり、相手を包み込むように話せる占い師の方が、声に説得力が出ます。オーディションでは「落ち着き」を意識するのが肝心です。
そのほか、「コンセプト」も大切なポイントです。どんなに優秀な占い師でも、サービスのコンセプトからかけ離れていれば、担当者から高評価は得られません。とはいえ、サービスに合わせて個性を曲げてしまっても占い師の実力は発揮できないでしょう。そこで、オーディションを受ける前にサービスのコンセプトをしっかりリサーチします。そして、自分の特色に合いそうなサービスにしぼってオーディションへと申し込むようにしましょう。

口コミが多い占い師、そして感謝の言葉が多い占い師は安心できると言えるでしょう。SATORI電話占いでは、急上昇やデビュー、総合ランキングから人気の占い師を選ぶこともできます。

電話占いサイトには数多くの占い師が存在しています。