占い

自分と相性の良い相手の見つけ方は 恋愛傾向の把握とよく似ています

自分と相性の良い相手の見つけ方は 恋愛傾向の把握とよく似ています

自分の彼氏や彼女と一緒に性格診断すると、お互いの恋愛傾向を把握することができます。性格が近い部分は意見が合いやすく、客観的に見て2人ともリラックスしていられる箇所と言えるでしょう。もし性格が離れている場合にも、相手との差異を理解しておけば、不毛なスレ違いが発生しにくいです。相手が話を聴いていない理由が「自分の話に興味がないから」ではなく「他人の話を聴くのが苦手だから」だとわかっていれば、受け入れやすいですよね。彼氏・彼女と長期的に良好な関係性を築いていくにあたって、あらかじめ性格を知っておくことで適切なコミュニケーションを図ることができます。

性格診断を使って、自分と相性の良い相手を調べたり、自分と特定の相手との相性を調べることができます。自分と相性の良い相手の見つけ方は、恋愛傾向の把握とよく似ています。お互いの意見がぶつかりにくいと居心地良く感じやすいため、自分と性格の特徴が近い相手とは相性が良いと考えられます。自分が慎重派であれば慎重派な相手、自分が行動的であれば行動的な相手、といった具合です。特定の相手がいるときは、相手と自分の性格の差分を見比べることで、より詳細な相性を調べることができます。2人とも慎重派だとしても、相手が群を抜いて慎重だった場合、相手からすると自分は慎重ではないと感じられるケースがあります。性格診断は行う2人の間での相対的なもののため、詳しく分析すればするほど、新たな発見があるでしょう。

性格診断でわかる基本的な性格をもとに、自分の恋愛傾向を知ることができます。積極的に会いたいか、連絡はマメにしたいか、グループデートを好むか、リードしてほしいか、など、恋愛面でよく基準に挙がる項目を性格診断の結果から分析しましょう。自分と価値観が近い相手と居心地が良い場合が多いですが、真逆な方がフィットする要素もありますね。まず軸となる自分の恋愛傾向を分析しておくと、理想のタイプや求める関係性を明確にする手助けになります。