占い

モバイルpasmo suica 切り替え

モバイルpasmo suica 切り替え

モバイルPASMOと物理PASMOの間で、残高や定期券情報の移行はできない。

スマートフォンの交通系電子マネーは、JR東日本の「モバイルSuica」が独占していたが、モバイルPASMOの登場により、ユーザーには第2の選択肢が生まれた。今までモバイルSuicaでは発行不可だった「私鉄やバスのみの区間」などの定期券もスマホの中に入ることになる。

PASMO定期券もモバイルで使える。事業者によっては連絡定期券も発行可能。

これまでも会員登録済みのモバイルSuicaにバス定期券を搭載することは可能であったが、通常の定期券の購入と同様に販売窓口で定期券情報を端末に書き込んでもらう必要があるうえ、購入した定期券の情報は端末上で確認できないというものだった。

モバイルSuicaで定期券を購入する場合、発着駅のいずれかがJR線の駅である必要があった。JR線を利用せず、私鉄・地下鉄線で完結する定期券の場合は、プラスチックカードを持ち歩く必要があったが、モバイルPASMOの登場により「定期券をスマホに入れる」という選択肢が生まれた。

今回は3/18サービス開始の「モバイルPASMO」についてまとめてみました。チャージや定期券の購入がいつでもできるのは魅力的ですし、持ち物も少なくなれば更にスマートな生活になります。会員登録をすれば紛失した時の再発行などのサポート面でもしっかりしているので、安心して使えますね。PASMOを既にお持ちの方も、そうでない方も、この機会に是非「モバイルPASMO」に切り替えて快適なスマートフォンライフを送ってみてはいかがでしょうか。

最初に、モバイルPASMOでは何ができるのかについて、改めて整理していこう。モバイルPASMOを導入すれば、もう従来のカード式PASMOは必要なくなるのだろうか。

「モバイルPASMOはそれまでのカード式PASMOと同じく、改札や買い物などで使うことができるのはもちろん、オートチャージを設定できたり、定期券が購入できたりと、カード式PASMOに付属していた機能は、ほぼ使えるようになっています。ただ、小児用PASMOは対象外となっているので、今までPASMOを所持していた大人が、カード式からスマホ利用に切り替えるためのサービスだといえますね。

メトロポイントクラブにモバイルPASMOも対応している。

モバイルパスモではクレジットカードからチャージも可能です。VISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレスで本人認証サービス(3Dセキュア)対応カードであればチャージできます。残高が足りない場合でもアプリ操作でチャージできます。

普段はモバイルSuicaを利用しているユーザーでも、私鉄・地下鉄線で完結する定期券を利用したい場合や、バスを頻繁に利用しているのであれば、モバイルPASMOを利用するメリットは大きいはずだ。

鉄道・バス事業者などが出資する株式会社パスモは3月18日に、スマートフォン向けサービス「モバイルPASMO」の提供を開始した。

3月18日から「モバイルPASMO」が始まり、地下鉄の駅などには広告が掲示されるようになった。

モバイルPASMOでは、鉄道だけでなくバスの定期券もアプリ上で購入できる。定期券は、鉄道、バスそれぞれを1種類ずつを購入可能。通学定期券は購入者が18歳以上であることが条件となり、大学・専門学校相当以上向けのみとなる。

鉄道定期券は、モバイルPASMO定期券を発売する鉄道事業者の単独の定期券のほか、連絡定期券も購入可能。連絡定期券の場合、乗車駅がモバイルPASMO定期券の発売事業者であれば、降車駅もしくは途中経過駅がモバイルPASMO定期券を発売していない事業者(Suica事業者を含む)でも購入できる。