占い

モバイルpasmo googlepay

モバイルpasmo googlepay

すでにモバイルPASMOでクレジットカードを登録まで済ませているなら、定期券の購入に手間はかかりません。鉄道定期券の場合、購入する鉄道会社を選び、経路を検索して、購入するという流れになります。

モバイルPASMOアプリ自体は、アプリ経由でチャージができたり履歴が確認できたり、スマートフォンならではのメリットがある。定期券をモバイル化できるメリットはあるし、アプリ自体の使い勝手もそれほど悪くはない。誰もが必要というよりは、よく使う路線がPASMO定期券やバスといった場合には、便利なアプリだ。

モバイルPASMOでご利用いただける主な機能をご紹介いたします。

スマホで使える新しい交通系IC「モバイルPASMO」が3月18日にスタートして1カ月。当面はAndroidスマートフォン向けに提供され、従来のICカードと同じようにPASMO・Suica対応エリアで使えるほか、これまでSuicaでは利用できなかった、私鉄のみの定期券やバス定期券もアプリ上で買える点が特徴です(モバイルPASMOのはじめ方はこちら)。

PASMOはもともとSuicaと共通化されているため、対応する私鉄沿線からJR東日本館内の駅にも乗り継げるようになっており、モバイルPASMOでもそれは変わらない。Suica対応の店舗での買い物に使える点も変わらない。今まで、定期券の問題でモバイルSuicaとPASMOを併用していた人なら、そのままモバイルPASMO一本に移行しても問題ないだろう。

なお、アプリで希望の経路が表示されない場合、モバイルPASMO サポートサイト上の申請フォームから申請する必要があります。

既存の多くのスマホで、モバイルPASMOとモバイルSuicaを同時に利用できない理由は明らかにされていませんが、おそらく「おサイフケータイ」(FeliCa)用のICチップの記録容量が関係していると思われます。今後発売されるおサイフケータイ対応機種では、モバイルSuica/PASMOを併用できる機種が増えることが見込まれます。

通学定期券の購入時は、書類での手続きが必要です。モバイルPASMOの会員メニューサイトから専用の申請用紙をダウンロードして、通学証明書や学生書のとともにサポートセンターに送付し、サポートセンターから確認メールが届いたらアプリで購入できるようになります。

機種変更時のデータと残高の移行手続きは、モバイルSuicaよりも手軽な作りになっています。おサイフケータイアプリからの手続きでデータをクラウドサーバーに預けて、新しいスマホで受け取ります。

共存させる場合は、通常であれば切り替える必要性は高くないが、新幹線などモバイルSuicaでしか対応できないものもある。その場合も、普段はモバイルPASMOで、必要に応じてモバイルSuicaに変更するといった使い方は可能だ。

モバイルSuicaとモバイルPASMOを併用できる機種では、おサイフケータイアプリからどちらを優先的に使うかを切り替えられます。おサイフケータイアプリ上で「メインカード」として表示されているカードが、交通系IC支払いで使われることになります。

また、モバイルsuica/PASMOもiPhone/Android端末に直接アプリをインストールすることで使えますが、ApplePay/GooglePay/おサイフケータイと連携して使用することもできます。

モバイルSuicaとモバイルPASMOを切り替えられるのはおサイフケータイアプリのみ。たとえば、モバイルPASMOアプリの画面を表示したままタッチしても、メインカードにモバイルSuicaが登録されていればそちらで支払われるので、注意が必要です。

AQUOS R 5Gのソフトバンク版については、執筆時点ではモバイルSuicaのみの対応となり、モバイルPASMOは利用できませんが、今後両方に対応する予定とアナウンスされています。

頻繁にメインカードを切り替えて使うのはあまり想定されていない作りになっているため、メインの交通系ICをどちらかに決めて「モバイルSuicaからモバイルPASMOに移行したいけれど、まだSuicaの残高や定期券が残っている」というときに、とりあえず共存させておくといった使い方が無難でしょう。