占い

モバイルpasmo 移行

モバイルpasmo 移行

「モバイルPASMOはそれまでのカード式PASMOと同じく、改札や買い物などで使うことができるのはもちろん、オートチャージを設定できたり、定期券が購入できたりと、カード式PASMOに付属していた機能は、ほぼ使えるようになっています。ただ、小児用PASMOは対象外となっているので、今までPASMOを所持していた大人が、カード式からスマホ利用に切り替えるためのサービスだといえますね。

[モバイルPASMO]を選択すると、預けているモバイルPASMOが表示されます。内容を確認して[受け取る]をタップしてください。

無記名PASMOや小児用PASMO、一体型PASMO、モバイルPASMO定期券を発行しない事業者によるPASMO、企画券や乗車証を搭載したPASMO、PASMO PASSPORTは移行できない。定期券発行事業者の一覧は同社サイトで公開している。また、移行した当日は定期券のみが利用でき、鉄道・バス定期券以外の電子マネーや、オートチャージ設定などは、翌日以降利用できるようになる。

モバイルPASMOアプリを起動し、左上にある人のマークから「アカウント設定」メニューを開きます。[機種変更」を選択してください。

「モバイルPASMO」でご利用いただける主な機能をご紹介いたします。

Androidユーザーでも、モバイルPASMOに対応しているかどうかは念入りに確かめたほうがよさそうだ。

モバイルPASMOという新サービスは今後、モバイルSuicaのようにユーザーをつかんでいけるのか。モバイル決済サービスに詳しい、ポイント交換案内サービス「ポイ探」代表取締役の菊地崇仁氏に話を聞いた。

その前提として、機種変更後の新端末がモバイルPASMOに対応しているかどうか(引き継げる機種なのかどうか)も重要です。

機種変更して新しい端末が手元に用意できたら、サーバーに預けていたモバイルPASMOのデータを受け取ります。新端末は、機種変更前と同じGoogleアカウントで連携している必要があります。

注意したいのが、モバイルSuicaとモバイルPASMOを併用して使いたい場合です。併用が可能な端末を購入する必要がありますが、対応端末はXperia 1/5/8/10 Ⅱ/1 Ⅱ、AQUOS R 5G、Pixel 4/4 XL、Android One S6の9機種となっています(2020年8月3日時点)。

しかし、いち早くサービスが開始され、すでに多くのユーザーを獲得している「モバイルSuica」とは一部機種でしか併用できず、また、Androidのスマホにしか対応していない、つまりiPhoneでは利用できないことから、その利便性を疑問視する声も上がっているようだ。

「モバイルPASMO」への移行が便利に!

本記事では、Androidスマホ間で機種変更をする際に、モバイルPASMOのデータを引き継ぐ方法を解説します。

では、モバイルPASMOの利点はひとつもないのかというと、そんなことはないらしい。たとえば、これまでは把握するのが難しかった「バス利用特典サービス(バス特)」のポイントやチケットが、スマホで簡単に確認できるようになるなど、このサービスにしかないメリットも確実にあるという。

スマホで列車やバスなどの運賃の支払いや定期券の購入、買い物などに利用できる「モバイルPASMO(パスモ)」。ただ、機種変更をするときには、個別にモバイルPASMOのデータ移行手続きをしなければなりません。