占い

モバイルpasmo スマートウォッチ

モバイルpasmo スマートウォッチ

デンマーク発のブランドである『SKAGEN』は、シンプルなデザインの腕時計が人気です。スマートウォッチにも対応しており、海外の一部の国では公共交通機関の利用に対応しています。この流れで日本のSuicaにも対応できるかもしれません。

モバイルパスモではクレジットカードからチャージも可能です。VISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレスで本人認証サービス(3Dセキュア)対応カードであればチャージできます。残高が足りない場合でもアプリ操作でチャージできます。

例えば新幹線eチケットサービス、エクスプレス予約、スマートEXなどをモバイルSuicaで使っている場合、PASMO定期券とそちらのどちらか片方を選ぶ必要があります。

モバイルSuicaのアプリを削除するだけではなく、退会まで行わなければなりません。

共存させる場合は、通常であれば切り替える必要性は高くないが、新幹線などモバイルSuicaでしか対応できないものもある。その場合も、普段はモバイルPASMOで、必要に応じてモバイルSuicaに変更するといった使い方は可能だ。

PASMOは従来、プラスチック製のカードで展開されていたが、2020年3月18日から一部のおサイフケータイ対応Androidスマートフォンで利用できるようになった。

既にモバイルPASMOを使っている場合、退会後に移行手続きする必要があります。退会時には210円の返金手数料が発生。

スマートフォンとペアリングすると、メールや着信などの通知がきます。セーフティ機能が搭載されているので、使用者が何かあった際に衝撃を感知して、登録していた連絡先に知らせてくれます。

「モバイルPASMO」でご利用いただける主な機能をご紹介いたします。

『Fossil』はアメリカ生まれのアパレルメーカーで、腕時計も人気のアイテムです。Fossilが発売しているスマートウォッチは、NFC支払いという非接触決済サービスが可能です。海外でGoogle Payに対応していることから、今後Suicaにも対応するか期待できるメーカーになります。

モバイルスイカはスマホ向け基本ソフト(OS)としてiOS版、アンドロイド版ともに提供されていますが、モバイルパスモはアンドロイド版のみです。iPhoneしか保有していない場合は利用できないので注意しましょう。アンドロイドでも対応していない機種がありますので、しっかり確認してください。

スマートウォッチ自体は多くのメーカーが発売していますが、Suicaに対応しているのは残念ながらApple Watchのみになります。厳密に説明すると、国内で販売したApple Watch series2以降が対応している機種です。

またSuicaをApple Watchで使用する際に、Apple Payと連動させます。Apple PayはiPhone専用になるので、実質iPhoneiPhone 7/7 Plus以降のユーザーが使えます。しかしAndroidでもSuicaに対応している、スマートウォッチの発売予定があるといわれています。

現在Androidのスマートフォンを利用している方は、Suica対応スマートウォッチの発表を楽しみにしておきましょう。

モバイルPASMOは会員登録せずにつかうことも可能です。