占い

モバイルpasmo カード併用

モバイルpasmo カード併用

PASMOだけでなく、ほかの交通系ICカードもApple Payに対応していません。2020年7月時点で、Apple Payに対応している交通系ICカードはSuicaのみです。iPhoneをかざしてApple Payで改札を通過したいなら、Suicaを登録するしかありません。

最初に、モバイルPASMOでは何ができるのかについて、改めて整理していこう。モバイルPASMOを導入すれば、もう従来のカード式PASMOは必要なくなるのだろうか。

通学定期券を新規購入するには、モバイルPASMOのサイトから会員ログインをして、通学定期券予約申込手続きをする必要があります。

スマホで列車やバスなどの運賃の支払いや定期券の購入、買い物などに利用できる「モバイルPASMO(パスモ)」。ただ、機種変更をするときには、個別にモバイルPASMOのデータ移行手続きをしなければなりません。

クレジットカードをお持ちで無い方や、現金で管理したい方は駅のPASMO対応発券機やコンビニのレジでチャージ可能です。バスでのチャージは1000円単位で乗務員さんにチャージをお願いしましょう。

モバイルPASMOアプリ自体は、アプリ経由でチャージができたり履歴が確認できたり、スマートフォンならではのメリットがある。定期券をモバイル化できるメリットはあるし、アプリ自体の使い勝手もそれほど悪くはない。誰もが必要というよりは、よく使う路線がPASMO定期券やバスといった場合には、便利なアプリだ。

モバイルスイカはスマホ向け基本ソフト(OS)としてiOS版、アンドロイド版ともに提供されていますが、モバイルパスモはアンドロイド版のみです。iPhoneしか保有していない場合は利用できないので注意しましょう。アンドロイドでも対応していない機種がありますので、しっかり確認してください。

①「入金(チャージ)」を選択②「金額変更」でチャージ金額を変更可能③「クレジットカード」の選択後「入金(チャージ)」

「モバイルPASMOはそれまでのカード式PASMOと同じく、改札や買い物などで使うことができるのはもちろん、オートチャージを設定できたり、定期券が購入できたりと、カード式PASMOに付属していた機能は、ほぼ使えるようになっています。ただ、小児用PASMOは対象外となっているので、今までPASMOを所持していた大人が、カード式からスマホ利用に切り替えるためのサービスだといえますね。

次に、菊地氏が感じるモバイルPASMOの長所を教えてもらった。

もしスマホを機種変更した後で、モバイルPASMOの手続きを忘れていたことに気づいた際は、モバイルPASMO公式サイトまたはモバイルPASMOサポートセンターで再発行の手続きがおこなえます(手数料はかかりません)。

スマホにモバイルパスモのアプリをダウンロードして登録します。発行時には記名パスモか無記名パスモ、パスモ定期券を選ぶことが可能です。なお、カードタイプのパスモを取り込むことはできません。

この手続き後に、モバイルPASMOサポートセンターに通学証明書(原本)と通学定期券購入兼用の学生証(コピー)、その他定期券発売事業者が指定している様式の証明書等を郵送すれば発行できます。

自動改札機での利用方法はモバイルSuicaやPASMOカードなどと変わらず、ただスマートフォンのアンテナ部と改札機のリーダー部をタッチするだけ。PASMOはSuicaと同じ仕組みを利用しているため、改札の入場時は初乗り運賃分の残高があるかどうかをチェックし、退場時に運賃を引き落とす。乗車後はアプリの履歴から乗降駅と運賃のチェックが可能になるので、後から交通費の計算も簡単。

Suicaを利用するには、あらかじめチャージしておく必要があります。Apple PayのSuicaには、Suicaアプリに登録したクレジットカードでチャージ、iPhoneのWalletアプリに登録したカードでチャージ、コンビニなどで現金でのチャージが可能です。