占い

タロット占いは まさに悩みを聞き入れてくれるアイテムとなります

タロット占いは まさに悩みを聞き入れてくれるアイテムとなります

SNSで見かけたりするのが現在趣味の延長線上にあると位置づける人達です。タロット占いを好きで行っているので占うことが苦痛じゃありません。

それに占いによって方向性が見えてくると「なるほど~」という納得感だって得られます。タロット占いは、まさに悩みを聞き入れてくれるアイテムとなります。

何を怖がっていたのか不思議なくらいですが、タロットの歴史を紐解いてみると意外にも遊戯的に使用されていたことを知ったので楽しんでも良いのだと思いました。

独学を始めるならタロットカード78枚すべてに絵柄があって解釈のしやすいウェイト版タロットをオススメします。

タロット占いを独学で学び続けるには本当にタロットカードが好きかどうかの気持ちにも左右されます。導きだされるタロットカードのメッセージに感動するかどうかなんです。

タロットカード自体がすごい魔力を持つということはありません。占い依頼者が気づいていない答えを示してあげるというのが占い師の役割なんです。

恐怖に陥ってしまうカードだから悪いと決めつける必要はありません。正しい解釈ができるようになるとタロット占いで戸惑うようなことも無くなります。

儀式を行ったりして魔術のように扱う人もいるようですが、断然私は楽しくタロット占いをしたり導きだされた提案を気楽に考えてみても良いと考えています。

ですからタロット占いを独学で始めるってアリなんです。よくあるタロット占いの教室や尊敬する占い師と師弟関係になって学ぶこともステキなことです。

タロット占い師になったはいいが、まったくリピートされないとしたら商売になりません。成功する近道はリピートしていただくための努力がとても必要になります。

この3冊を読めば、タロットを知識レベルで人に教えられるくらいにはなると思います。

絵柄が読めない場合はメッセージを丸覚えすることになりますが、そうしてしまうと今度はタロットカードを沢山めくって展開したときのストーリーを組み立てるのが困難になります。

常に流動的な時の流れと共に歩みをすすめられるのがタロットカードの魅力。ネガティブなカードも多角的に見てみると考え方のヒントをくれたりするんです。

大きな書店で直接カードと触れ合ってピンときたものを取り入れたいものですが、全国にタロットカード専門コーナーがあるわけではありません。

© 2016タロット星庵.