占い

ですから 恋人に選んだ相手にはとても一途です

ですから 恋人に選んだ相手にはとても一途です

スマートで気配り上手なてんびん座×情熱的で愛情深いO型は、意外と完璧主義なところがあり一途に互いを想い合う関係を望みます。
正義感が強いので、浮気などはもってのほか。また、好きな人が喜ぶ顔を見るために根気よく頑張れるのです。

ロマンティックなうお座×情熱的なO型、共通点は根が真面目なところ。それでいて心には愛があふれていますから、一途でないわけがないのです。
一生懸命相手に尽くすことで愛情表現しますが、実は甘えん坊なところもあります。

繊細な心を持つふたご座×実直でまじめなA型の組み合わせは、恋愛に関しては少々臆病なところがあります。
傷つくのを恐れて自分から行動を起こすことはあまりありませんが、その分気持ちに持続力があり、一人の人を一途に想い続けます。

草食系。ピュアで真面目なあまり、恋愛をやや理想化しがち。好きな人に対しては誠実で一途なタイプだけれど、「彼女にはこうであってほしい」を押し付けてくる面も。束縛されるのが苦手な子にはちょっと不向きかも。

恋バナを聞いて、「一途だなあ」と思う人が、あなたの周りにはいませんか? そんな一途な気持ちをどうして持ちつづけることができるのでしょうか? 12星座ランキングで、今回は一途な人と、その実態と傾向をのぞいてみましょう。

誠実で一途なやぎ座は、決して浮気には走りません。好きな相手にとことん尽くしますから、そもそも他の人のことは目に入らないでしょう。

蠍座は、一見クールに見え、感情を素直に表現することが少ないため、何を考えているかわからないところがあります。しかし、「この人だ!」と思える異性に出会うと、熱烈にアプローチをする傾向があります。その内に秘めた思いはとても強く、相手のことを思いやり、とことん一途です。嫉妬深い面もありますが、それは、それほどまでに相手のことを考え、行動する証し。逆に言えば、相手に切られないよう、奉仕するのが蠍座なのです。

一途な星座ランキング1位は、相手の気持ち第一優先で献身的なかに座!12星座の中でも、とても一途な星座といえるでしょう。
他に目移りしても、周りから言い寄られても、恋人の悲しむ顔が浮かんだら余計な邪念は頭から消し去り裏切りません。
押しには弱い一面があるのですが、恋人を想う一途な気持ちは12星座の中でも断トツなので、堂々の1位にランクインです。

付き合う段階から、結婚相手として慎重に相手を選ぶのがやぎ座の恋愛です。
一度この人だと相手を決めたら一途に相手を想います。他に目移りしたり、浮気に走ったりということはありません。パートナーを支えたいという気持ちも強いので、誠心誠意相手に尽くすことでしょう。
始まりは少し打算的な気持ちがあったかもしれませんが、そんなやぎ座が選ぶからこそ「一生ものの愛」となります。

一途だけど流されやすく押しに弱い一面のあるうお座は、本人にその気が無くてもつい不誠実な行動をとってしまうことがあります。
優しさゆえに、お願いされたり強く迫られると断り切れずズルズルといけない関係に発展させちゃうこともしばしば。断りきれないのは、多少の心の隙もあるから。
対面的には良い顔をしますが、実は心の奥では違うことを考えているかも。

常に周りを見ているふたご座は、たった一人を一途に想い続けるということは難しいようです。その飽きっぽさは、ふたご座本人も自覚しているところなので、永遠を誓う言葉はあまり口にしないでしょう。
相手を想っている気持ちは本物なので、あてのない約束をして万が一にも悲しませたくないという、ある意味誠実な対応です。

逆に、あまり一途ではないのは、第10位の双子座。束縛が嫌いな双子座は、深く思われたり、思うことがあまり得意ではありません。第11位・水瓶座は、本人は一途に思っているつもりなのですが、思い届かず、誤解されることもしばしば。

一途な星座ランキングはいかがでしたか?
星座によって一途な理由も様々ですね。
一途ランキング上位にランクインしなかった星座さんも、理由がわかれば少しはその性質も治まるかもしれませんよ!

山羊座は、生涯尽くせるたった1人のパートナーを探す、愛の旅人です。気持ちが通じ合える理想の相手があられたら、「もっと知りたい」「愛したい」という気持ちがふつふつと湧いてきます。ですから、恋人に選んだ相手にはとても一途です。できるだけ相手の希望をかなえたいと考え、行動するので、軽い恋とは無縁でしょう。

浮気することもなく誠実なおうし座はとても一途と言えるでしょう。
遊び歩いたりするよりも恋人との時間を大事にしたいと考えているので、おうし座の恋愛はとても安定した関係を続けることができます。
一途な想いが行き過ぎると束縛じみたこともしてしまいがちですが、それほど相手を想っているということなのです。