占い

四柱推命 命式で自分の長所と職業適性を見つけよう!

そんな時に出会ったのが四柱推命(鳥海先生)でした

1.まず、ご自分の四柱推命の命式表をご覧下さい。(上の命式表は一例です)
丸い円の中の木火土金水の五行に、バランスよく●星がはいっていれば運の安定が良い人となります。●星がどこかに三つ以上固まる人や、一つも無い所が有る人は年回りにより、良かったり悪かったり極端です。
次にその右側の四角い表を見てください。
その表の上から三行目の星、特に『月』の柱がポイントです。この表の場合は「偏官」になっています。そして、その偏官(月柱)と、年時の柱との並びですね、この表の場合は偏官が3つ並んでいます。
この並びと、五行(丸い円)のどこに星(●)が多いかがポイントになります。

四柱推命講座を実際に受講した方の体験談です。これは結果を保証するものではなく、効果には個人差があります。ぜひ参考としてお読みください。

年間500件以上の命式と向き合っている、四柱推命鑑定士。 生年月日に隠された、人生のプログラムをお伝えしています。

冒頭でもお伝えしたように、「今の仕事は向いていないかもしれない」と悩む人は少なくありません。そんな仕事で悩む人が、四柱推命を活用して適職を探すことは可能です。

まずは、それが何かを自分の中で整理することが大切。自分の人生です。進む方向は自分で決めて、それを実現していくために四柱推命を使うといいでしょう。

四柱推命では、性格を占うことによって、自分の本質や適職までも把握することができます。また、生年月日から自分の適性・適職を理解したら、その年の運勢にも注目してみましょう。

高い美意識と細かい作業を組み合わせたエステティシャンやネイリスト。センスと繊細さを活かしたデザイナーや作家。頭の回転を活かしたコンサルタント。高い技術・資格を習得する専門家や四柱推命鑑定師にも向いています。

四柱推命だけではなく、干支(えと)に用いられている「十二支」は日本人にもなじみのある言葉です。子年や丑年等のように年を表すだけではなく、月・日・時も同様に十二支を用いて表していきます。

四柱推命では、「十干」と呼ばれている干ですが、この十干とは「陰陽五行」で表す5個の「気」を文字にしたものになります。

専業主婦で収入0だったのが、四柱推命だけで月2万円、権利収入1万円、旦那の収入も100万円アップしました。集客サポートがあるので安心です。私だけではなく家族が鑑定を通して幸せになっちゃってます。3人の育児に追われていた(軽く引きこもり)が、鑑定をはじめたら生きてるって実感するほどの充実感です。

その後、「コミュニティを作りたい!」と強く想って活動しましたが、それもうまくいきませんでした。そんな時に出会ったのが四柱推命(鳥海先生)でした。そこから四柱推命・トップレベルの経営技術・次元の高い運命学なども学び、今でもいかに人を幸福にできるかを追求しています。

四柱推命 命式で自分の長所と職業適性を見つけよう!