占い

まずは 四柱推命の占い方について見ていきましょう

過去の記事の中で 四柱推命に関するものをまとめてみました

しかし、見慣れない言葉で記載された命式表に、どこから何が占えるのかがイマイチ理解しにくいため、ピンポイントで占いたい場合には、やや難しく感じるかもしれません。まずは、四柱推命の占い方について見ていきましょう。

四柱推命では、「十干」と呼ばれている干ですが、この十干とは「陰陽五行」で表す5個の「気」を文字にしたものになります。

過去の記事の中で、四柱推命に関するものをまとめてみました。

四柱推命とはさらに噛み砕いて言い換えれば五行占い=木・火・土・金・水の五行占いとも言えます。つまり自分を大自然の中の一部としてとらえ、どの木・火・土・金・水の気が多いか、または運勢的に今がどんな季節の中にいるかを見て、人生における自分の状態を分析していくものです。

四柱推命だけではなく、干支(えと)に用いられている「十二支」は日本人にもなじみのある言葉です。子年や丑年等のように年を表すだけではなく、月・日・時も同様に十二支を用いて表していきます。

ここが大事な点になってくるのですが、これについては書籍「十干十二支気学」の四柱推命の章に大量のページ数で書きましたので割愛させて頂きます。

たとえ巡りくる星が一緒でも、この身旺か身弱かということで結果の判断は四柱推命の場合は全く正反対になることもあるのです。

ただしあとから見ていきますが、気学では火生土、火が燃えて土が生じると見ますが、四柱推命では必ずしもそう見ないこともあります。

四柱推命では、性格を占うことによって、自分の本質や適職までも把握することができます。また、生年月日から自分の適性・適職を理解したら、その年の運勢にも注目してみましょう。

ですので一概に気学や、通変星的な(5つの通変で木火土金水の順番で時計回りに木が廻っている)とばかりも言えないようなケースも実際にあるところが、四柱推命を難解なものにしている一因でもあります。

この「命式全体の五行バランス」を見るという視点を持つかどうかで、四柱推命で鑑定できるかどうかということが分かれてきたのです。

四柱推命では、生年月日と生まれた時間を、空間を表す干と時間を表す支に置き換えて占っていきます。なお、四柱推命の四柱とは、「年柱」・「月柱」・「日柱」・「時柱」といった4つの柱を元にしてその人の運勢を占っていくのです。

ですので最初に四柱推命を学ぶときには、個々の知識よりもまずはこの点を意識すればここまで学んできたことや常識として知っていたことなども全てが花開くポイントにもなります。

これは非常に内容が濃く、一部 講座の鑑定師育成編(中級編)の中身が含まれますので、この四柱推命のページをお読みいただいた方向けのみに開示することといたしました。ご興味のある方は、こちらのボタンをクリックしてください。

これに関しても、今まではそのバランスの出し方の違いの分だけ流派の数があったのですが、ここではなるべく簡単に、しかも確実に四柱推命からの吉方位を出すために十干十二支気学としての五行バランスの出し方の見解を本に書きました。奥深いところではまだまだ書き足りないところもあったのですが、それでも詳しい人からは「笹木さん優しいねぇ。ここまで惜しげもなく書くなんてさ」と言われたりもしましたが、今後もボリュームが多い内容なのでネットには書かず、本か講義の中で伝えていきます。