占い

自分と相性のいい人の誕生日

自分と相性のいい人の誕生日

また、強気なお笑いタイプの男性も、自分には繊細さが足りないと感じています。目の前に繊細な優等生タイプが現れたら、魅力的に感じます。

もし安定志向の彼と一緒になってしまうと、バランスタイプの女性は「本当はもっと刺激が欲しい」と思いますし、彼も「もしかして彼女と並ぶと自分の方が劣っているのでは?」という気になってしまいます。

常に「人からどう見られるか」を気にしているので、自分が身に付けるものや言動に関しても、いつも正しくあることを意識します。

また、一つのことに集中できる職人タイプの男性のことを、社交的なタイプの女性は尊敬しています。お互いに、自分にないものを持っている部分に惹かれるのです。

「男はやっぱり頼りがいのある人でなきゃ!」強い男性に守ってもらいたい、そんな人は乙女タイプです。自分には女性らしさを演出して、男性には男性らしさを求めます。

保護者タイプの女性に合う男性は、ズバリ、苦労人タイプの男性です。実家が貧乏だった、大家族だった、学費は自分で稼いだ、など。

このような優等生タイプは、自分と似たような優等生タイプの男性を求めますが、うまく行くことはいくのですが、どんどん辛くなることがあります。

現実主義者タイプの人は、オールマイティな人を求めがちです。自分がうまくできない部分も補ってくれる人でなければ、世の中をうまく渡れないと思うからでしょう。

お母さんタイプの男性は、自分で何でも器用にできます。しかし、そこに似たような器用な女性と組み合わせてしまうと、反発してしまいます。

自分や他人に完璧を求めてしまったり、間違うことを極端に恐れるなど、自分の持っている常識のレベルが高すぎて、それをなぞることに精一杯になってしまうこともあります。

このような社交的な女性にぴったりなのが、無口な職人タイプの男性です。職人タイプの男性は、自分のことを不器用だと思っています。

このような女性に寄ってくるのは、そのツールを利用しようとする男性です。売名行為とでも言うのでしょうか。社交的な人の側にいるだけで、自分も友達がたくさんできたような気分になりたい人です。

何でも興味を持ってしまい、自分の足で調べに行かなければ気が済まない女性は興味津々タイプです。

自分にぴったりと当てはまるタイプは見つかったでしょうか。相性がいい人と、好きなタイプの男性は必ずしも一致しません。

痛いなら泣くより先に傷口を洗うなり、手当するなりすればいいのに、と考えるからです。一匹狼タイプの男性は、相手に合わせようとはしません。いつも自分の道を行きます。