占い

性格悪い星座 血液型

性格悪い星座 血液型

また、「この星座の人とは相性が良くないんだ……」というふうに落ち込む必要もありません。「こういう性格だから、こうやってアプローチしてみよう!」といった、作戦のひとつとして使うのが良いでしょう。

射手座の性格として、「なるべく波風立てずに穏便に過ごしたい」という平和的な思考はあまりありません。人間関係では敵味方をはっきり区別し、友達とは仲がいいけれど、敵と認識した人とは正面衝突することが多い、血の気の多いところがあるのです。そういった射手座の性格を理解している人は進んで敵にならないため、まず自由に過ごすことが多いですが、たまに自分から「こいつは敵だ!」と突き進んでいくこともあるので、人間関係には注意が必要です。

射手座でB型の人の性格の特徴は、とにかく宇宙です。周りの人からすると自由すぎてついていけない。自分の世界持ちすぎ、個性的な人間に思われるでしょう。B型の性格も自由な気質が強く、自分の興味のあることには一直線です。射手座の性格の特徴ととてもよく重なっています。
世界のルールよりも自分ルールで過ごしていることも多いため、独創的なタイプと思われることもしばしばあります。

射手座でAB型の人の性格は飽きやすいという特徴があります。目標を持ってもすぐに別のことに目移りし、前の目標に関してはもう飽きている…なんてことも。コロコロと興味を持つものが変わりますが、意外にも周りから悪く見られていません。楽天的な思考をしていますが、AB型らしく頭がいいので、上手く世の中を渡っていくでしょう。また人目を気にしない、干渉されたくないタイプなので、旅を愛する自由人というイメージがぴったりのAB型の射手座さんです。

それではさっそく、性格のいい星座のランキングを見ていきましょう。ランキング下位のほうが性格が悪いということになりますが、もちろん、一概に言えるということはなく、性格傾向が、人によっては「性格が悪い」と受け取られやすいということだとご認識ください。

射手座でA型の人の性格の特徴は、射手座の自由度がA型らしい真面目さをほとんど隠してしまっていることです。A型は直感的に動くことがあまりないと言われていますが、射手座でA型の人は違います。そのときの直感で動くことがあり、周りの人からすると本当にA型なのか驚かれることもあるでしょう。リーダーとしても、部下としても上手く働くことができます。

ここで、射手座の恋愛傾向を見ていきましょう。
自由な性格をしている射手座の恋愛傾向も自由奔放だと思われがちですが、実は自分が好きだと思った人以外には興味ないという特徴を持っています。自分から好きな人を作っていくのです。好きな人ができたら一直線なのが、射手座の恋愛傾向です。頭を使って相手を落とすのではなく、ストレートに愛情表現するのが、目標に突っ走る射手座の恋愛の特徴です。

牡羊座は、競争心が高くて負けず嫌いな傾向があります。また、ちょっと自己中心的な部分もあり、その性格でまわりを困らせてしまうことも。

射手座の血液型別、性格の特徴を見ていきましょう。射手座のA型、B型、O型、AB型で性格の特徴にはどんな違いがあるのでしょうか?

誕生日の星座には、基本的な性格のパターンがあるといわれています。「理屈よりも、感情を優先しがちなタイプ」、「社交的ではなく、深く狭い人間関係を好む傾向がある」、「几帳面で、コツコツと物事を進めるのが好きな人が多い」というふうに、ある程度、星座によって性格をうかがい知ることができるのです。

星座別の基本的な性格と、それぞれの相性について説明しましたが、あくまでも星座占いは、参考程度に留めておくのが良いでしょう。どんな性格かは、やはり個人差が大きいです。

女性が牡羊座の場合、相性がいいのは、牡牛座と獅子座です。突っ走ってしまいがちな性格を、しっかりと支えてくれるでしょう。

射手座の恋愛の中で相性が悪い星座はさそり座と山羊座になります。さそり座の性格は恋愛では依存度が高いのですが、射手座は恋愛でも依存度は高くありません。好きな人ができれば一直線ですが、依存と言えるほどではないので、さそり座の依存的な恋愛に疲れてしまうのです。
また、山羊座とも相性の悪い星座と言われています。山羊座の性格は頑固なところがあり、また愛情表現が射手座に伝わらないことがあるのです。そのため、射手座は山羊座から愛されていないと思い、他の人のところにいってしまう可能性があります。
さそり座も山羊座も性格的に射手座と合わないところがあるので、付き合うまでに上手く性格面を擦り合わせるようにしましょう。

母性本能が強く平和主義な蟹座の女性は、同じく優しい性格の天秤座や、牡牛座の人と相性が良いです。

リーダーの素質があるのも牡羊座の特徴ですが、そんな自己中心的な性格から、ワンマンになってしまいがち。また、直感で突っ走ってしまうこともあるため、ビジネスシーンでは、みんなを引っ張っていくリーダータイプではありますが、アフターフォローのような仕事にはあまり向いていないかもしれません。