占い

四柱推命学において 大切なことは五行がバランスよく調和する事です

四柱推命で相性を占います

命・命理学命理学、人の生年月日と生時によって命式を割り出し運命や宿命を性格・個性・才能などを占う占術。四柱推命、算命学、0学、九星気学など。

四柱推命学において、大切なことは五行がバランスよく調和する事です。ところが、この五行が偏ると凶作用・悪質が現れてしまいます。五行がかたまり過ぎる(4つ以上)ことを「太過(たいか)」と呼び、逆に五行がない場合を「不足(ふそく)」と呼んでいます。

良縁鑑定の自由ヶ丘の母が、四柱推命で二人の相性を導きますふたりの生年月日から導く、四柱推命の結婚相性決定版。良縁を導くことで口コミで評判の自由が丘の母・安芸美が、あなたとあの人の相性について、恋愛から身体、結婚までも含め詳細に鑑定。ふたりの様々な相性について全15項目、4000文字を超えるボリュームで占います。

「命式(めいしき)」とは四柱推命学において、生年月日時から割り出した干支(八文字)を一定の原理と方法に則って書式化・図式化したもので、先天運となります。その人の運命の方程式と言えるものです。

四柱推命で相性を占います。
二人の命式から、各相性(日干同士、日支同士、空亡(空亡、同一空亡、互換空亡、反対空亡))、愛情傾向、好みのタイプ、三合会局、方合、律音、納音の有無、五行のバランスで占います。

五行四柱推命による結婚相性診断であなたにピッタリのお相手と出会えます。

学問とは、理論と論理の2種類に分けられ、宗教は自分が信心する道で、学問ではありません。そして占い統計学の理論「命理学」の中には、太陽暦と太陰暦があります。太陽暦70%+太陰暦30%で、人を木に例えると、木の根っこ(性根)から、木の葉の先まで、読むことができます。姫摩の占い・五行四柱推命では、太陽暦70%を読みます。それに加え、紫微斗数と呼ばれる太陰暦30%でも鑑定を行ないます。そこに事象を読む論理である「感性論哲学」を加えることによって、理論と論理の学問となり、姫摩の占い鑑定は、当たる確率が高い訳です。ゆえに占いとは、知識を積んだ人のみが未来を説ける学問であって、孤独や不安を解消するために信心する宗教とは違います。