占い

青の薔薇 意味

青の薔薇 意味

赤色のアネモネ花言葉:「あなたを愛します」アネモネの花言葉は「儚い恋」。…え?そうなんです。アネモネは薔薇と同じように、色によって花言葉の意味が違うので、愛する相手へは赤色をチョイスして!

SUNTORYが開発した青いバラ「ブルーローズ アプローズ」の、アプローズには「喝采」という意味があります。このブルーローズ アプローズを開発するまでには14年もの長い年月がかかっており、多くの研究者が携わっているんです。

バラの花は青の色素を持たないため、古くから青のバラの品種を生み出すことが世界中のバラ愛好家の夢でした。そんな青いバラにつけられていた花言葉は「不可能」。

アプローズの研究に携わった全ての人達を讃える意味を込めて喝采を意味する「アプローズ」が、品種名になりました。

薔薇は愛のイメージが強いですが、色や本数によっては家族や友人・先生や先輩などに贈っても喜ばれる素敵なお花です。
ですが・・・その反面怖い意味もあるんです!

本数と同じかそれ以上に花言葉の意味が重要になってきます。

挑戦が実を結んだことに伴い、青いバラの花言葉も「不可能」から「夢かなう」に変わったといわれています。こちらもバラを贈る際に、どちらの意味かを伝えておくと安心でしょう。

花言葉は誰が考えたのでしょう?日本と海外では意味が異なることがあります。花言葉の決め方は文化やその特徴などで決まります。花…

白いバラには白のイメージにぴったりの花言葉がつけられています。白いつぼみのバラは花言葉が変わり「恋をするには若すぎる・処女の心」などの意味があります。

男性は女性に、これら12の想いを込めて「このすべてをあなたに誓います」という意味でバラを贈っていました。とってもロマンチックな風習です。最近では、日本でも結婚式の演出として取り入れるカップルも増えています。

さらに、青いバラには、「不可能」と「夢かなう」という、真逆の意味を持つ花言葉が混在します。

男性は女性に上記の意味を12本の薔薇に込めて贈っていました。

これまで述べてきたように、バラの花言葉は、そのほとんどが恋愛に関係するもので占められています。「バラの花言葉には怖い意味がある」とされているものに関しては、おそらく黒褐色のバラの花言葉のことでしょう。

12本のバラは「ダーズン(ダズン)ローズ」とも呼ばれています。昔のヨーロッパでは、男性がプロポーズするために12本のバラを摘んで、彼女にプレゼントするという風習がありました。その12本のバラには、それぞれに次のような意味がありました。愛情・情熱・感謝・希望・幸福・永遠・尊敬・努力・栄光・誠実・信頼・真実。ダーズンローズを贈ることは、「これらのすべてをあなたに誓います」という意味になるのです。

まずは、本数別のバラの意味を説明します。本数が少ないのは、コンパクトでさっと渡せる反面、インパクトに欠ける印象がありますのでひとつひとつの意味、花言葉が大切になってきます。