占い

四柱推命は 自分の性格や本性までもじっくりと占うことができます

四柱推命を使ってあなたの婚期を占っていきます

また、年運の切り替わるタイミングは、新年を迎えた1月ではなく、2月の節分からです。四柱推命では、旧暦で見ていくため、くれぐれも間違えないように注意しましょう。

四柱推命を使ってあなたの婚期を占っていきます。
あなたとお相手の方が幸せな結婚をする時期はいつ頃なのか見ていきましょう。
婚期をしっかり掴むために大切なポイントも解説していきます。

「年柱」・「月柱」・「日柱」・「時柱」の4つの柱を元に占っていく四柱推命では、生年月日と生まれた時間を使用して命式表を作っていきます。命式表には、馴染みのない言葉がずらっと並び、この時点でやや難しく感じるかも知れません。

人によって接し方を変えるケースも当然あるため、結婚という選択は人生の中でも大きな選択になってくるでしょう。このことから、結婚での相性も、四柱推命でじっくり確認してみてください。

四柱推命は、自分の性格や本性までもじっくりと占うことができます。また、自分にとって良い年・悪い年も運勢から導くことができるため、一度占ったらおしまいではなく、その時期に合わせて自分を占うことができるのも魅力の一つです。

また、四柱推命で見る結婚相手の人柄は、自分が生まれ持った気と似ています。そのため、結婚相手の特徴を占うことで、自分の特徴も知ることができますよ。

四柱推命で使用する4つの柱には、それぞれ意味があります。

四柱推命の命式表から見える運命には、結婚相手の特徴の中にも自分自身の内面が隠されています。そのため、結婚に対する願望を押し通すのではなく、「そのままの自分が向き合える相手がどんな人なのか」といった視点で見ていくと良いでしょう。

中でも、相性占いに関しては、恋愛面の他に仕事での相性や友人関係に対しても細かく占えます。まずは、四柱推命で使用する「命式表」から、色々な方との相性を見ていきましょう。

四柱推命から自分の結婚について読み解いていくと、自然と自分の内面が見えてきます。また、結婚相手との相性に関しても、お互いの命式表の組み合わせから運命を感じることもあるでしょう。

四柱推命で占うことにより、不思議な運命のつながりを改めて感じることもあるでしょう。特に、両親や兄弟とのつながりや、長年親しい友人との組み合わせには、同様の日干や通変星が隠されているかもしれません。