占い

あなたの星座と他の星座との相性を見ていきましょう

あなたの星座をお選びいただき 星座専用ページをご覧ください

このうち四区分(四元素、エレメント)は、12星座を火・風・地・水の4グループに分けたものです。

※詳しい月星座の相性は、下記の月星座それぞれの記事からご覧いただけます。

形にこだわる地の星座と、形にこだわらない風の星座なので、価値観の違いで言い合いのケンカにならないよう、つきあう際には注意が必要です。

太陽星座が地のエレメント(牡牛座・乙女座・山羊座)の人は、次のような価値観を持つ傾向があります。

今まで、雑誌やネットの記事で目にしてきた「星座占い(太陽星座占い)」で疑問が多かったあなたは、もしかしたら、月星座の影響の強い星の元に生まれているのかもしれませんね。

あなたの星座をお選びいただき、星座専用ページをご覧ください。あなたの星座と他の星座との相性を見ていきましょう。

太陽星座と月星座、どちらが良いということはありません。

職場や学校など、パブリックでの自分の行動や、振る舞いは太陽星座優位となります。

月星座と太陽星座同じの場合、自分のメンタルや根本的な欲求といった、「内面」を司る月星座と、外見や他へ対する姿勢、言葉など「外側」をコントロールする太陽星座が一致している人は、言葉・行動に矛盾がなく、発言力があります。

12星座を四区分で分けてみましょう。
次のようになります。

火の星座からのお誘いには「いいね!行こう行こう!」とノリよく返してあげるとその後の展開もスピーディーでしょう。

占星術の12星座は、それぞれの性質や傾向によって「二区分」「三区分」「四区分」という分類方法でグループ分けすることができます。

ここでは、各星座の今日の運勢を簡単にご紹介いたしました!

恋愛相性については誕生日で簡単にわかる12星座同士で占うよりも、もう少し緻密な方法(ホロスコープを使った惑星による占い)が精度も高く、好まれます。

太陽は全ての星座を回るのに1年かかるところ、月の場合は約4週間で回りきります。