Uncategorized

「リモート占い」の参加希望者も引き続き募集中

今 最も当たる五星三心占いを 持ち運べる「手帳」の形にしました

これまで6万人を超える人を無償で占い続けたゲッターズ飯田。長年の研究から、「運のいい人」=「運気のいい日を知っている人。なおかつ、そこで大事な決断をしている人」ということに気付き、運気の波を誰でも意識できるように、日常使いがしやすい「手帳」を作りました。今回は、大好評だった前回のダイアリーを改良し、金銀を分けて12タイプ別に発売。年間運勢、月間運勢、開運3箇条、さらに、1年間の運気記号がまとまった年間カレンダー、運気の変動がわかる運気グラフ、また、毎日の運気の勢いが一目瞭然の「運気ゲージ」の収録など、大充実の内容です。ぜひ、2021年は毎日、ゲッターズ飯田のアドバイスを持ち歩き、「運のいい人」になりましょう!

その後も、2007年に交通事故に遭って1ヶ月の入院を余儀なくされていたなど、次々と壮絶な体験を告白した優希さん。星は「来年の夏にまた同じ流れが来ます」と警告し、車同士の交通事故に遭わないよう意識するようにと注意を促した。立て続けに優希さんの身に降りかかってきた災難を知り、VTRを見終えた沢村は「これ、占い番組だよね?」とスタッフに確認していた。

さらに木下は、千里さんとその母との関係性を占いで見通し、自身が母から受けてきた状況と同様に、息子への愛情が強すぎるがゆえに過干渉になってしまっていると千里さんに指摘。

「リモート占い」の参加希望者も引き続き募集中。詳細は、番組ホームページまで。

幸運どころかそのわずか1カ月足らずでの逮捕劇に、ネット上では「ゲッターズ飯田の占い大嘘やないか!」「“今年は最高の年になる”的なこと言ってたのは、“最高にハイになれる”ってことだったのか」との声が殺到。番組でゲッターズ飯田は清原の運気について「58~77歳までは良い」とも語っていたが、ネット民からは「彼の10年後に期待しましょう」とからかわれる始末だ。

ゲッターズ飯田の「五星三心占い」は、2018年版から毎年100万部を突破する大人気シリーズ。今、最も当たる五星三心占いを、持ち運べる「手帳」の形にしました。毎日の運気をもう書き写す必要はありません!

清原和博が薬物所持の容疑で現行犯逮捕されたことで、1月7日放送の「バイキング」(フジテレビ系)に出演した際のゲッターズ飯田の占いが大ハズレだったと話題を呼んでいる。

木下はさらに「胃ガンになりやすい」と注意を促し、続けて「19歳で何か覚悟を決めたよね?」と占いから見通すと、真由美さんは「自分が20歳の時に母が大腸ガンで亡くなったのですが、治療で苦しむ母を見て、19歳ぐらいの頃から“母の死”は覚悟していましたね」と告白。

同じく「リモート占い」に登場した木下レオンは、東京在住の清掃業・真由美さん(仮名、35歳)と対面。木下は、真由美さんの結婚のタイミングや彼女が“バツ2”のシングルマザーであること、破天荒な性格であることを続々と的中させた。

清原逮捕を知った3日朝、ゲッターズ飯田はツイッターで「運が良いから、警察に捕まって、まともな生活を取り戻せる。悪いことをすると運の良い時期に捕まるという幸運があるもの」と、自身の占いについて言い訳めいたつぶやきをしている。

ゲッターズ飯田の五星三心占いは、生年月日をもとに6つの星に分けられ、さらに生まれ年の西暦が偶数なら「金」、奇数なら「銀」に分けられます。あなたの誕生日を入力して、計12タイプのどれに当てはまるか診断しましょう!